1.  > 
  2.  > 
  3. ODS(オゾン分解触媒)

ODS(オゾン分解触媒)

オゾン発生装置【ECOZONE】と【ODS触媒】の組み合わせで低コスト・強力脱臭を実現しました。

  • 大容量オゾン

    高効率・低コストを実現したECOZONEのオゾン発生体

    効率的・安定的・大容量のオゾン発生。発生コストは驚くほどの低価格になります。
    ECOZONEの高機能を実現させた国際特許取得済のイスラエル/エコゾン社のオゾン発生体は、世界最高水準の電気的効率を持つ発生体。
    ダブル誘電体バリア放電(無声放電)技術に基づき、制御された非熱平衡、高密度、均一性をもつプラズマを発生、極めて質の高いエネルギーを持つ電子を励起します。
    この働きによって効率的・安定的・長期にわたって大容量のオゾン生成を可能にしました。
    世界最高レベルのオゾン発生技術は他の追随を許しません。

    • コンパクトなECOZONE

    • ダブル誘電体バリア放電にてオゾン発生

    • 国際特許取得の信頼性

  • ロングライフ&簡単メンテナンス

    なんと40,000時間を超える頑丈なオゾン発生体

    ECOZONEのオゾン発生体は40,000時間(実績値)もの耐久性。実績では90,000時間の例もあり、かなりのロングライフを誇ります。ランニングコスト比較で、断然有利な発生体です。
    ウォッシャブルのオゾン発生体はメンテナンスも簡単。1,000時間ごとにエアフィルター交換と、オゾン発生体の点検&洗浄をするのみです。

  • 付帯設備もいりません

    空気原料でオゾンを作るエコゾン。酸素ガスは不要です

    低消費電力で大容量のオゾンを作るECOZONE。なんと空気原料だけでこれだけのオゾンを作ります。酸素ボンベやPSAなどの付帯設備もいらないため、そのコストやメンテナンス費用がかかりません。

    【各種原料でオゾン12g/Hr発生時の年間コスト】

      空気原料 PSA方式 酸素
    電力費 26,300円 105,000円 52,900円
    酸素代 505,000円
    メンテ代 300,000円 50,000円
    合計 26,300円 405,000円 557,900円
    • ※ 電力費は主要メーカーカタログ値(15円/KWh)から算出。
    • ※ 酸素使用量の費用はカタログより、価格は市場平均価格57.5円/m³で算出。
    • ※ メンテナンス代はPSAフィルタ交換費用(1回)を含む。
    • ※ オゾン発生体交換費用はいずれも含まないが、他方式の場合、交換必要な場合有り。
  • 低NOx

    高効率放電により有害物質は低濃度に抑えます

    ECOZONEのオゾン発生体は、高効率放電により、NOx発生濃度を抑えたまま大容量のオゾン発生を可能にしました。その他SOxやNOなどの有害物質の生成も低濃度の発生で抑えるので、設備に対して大きなダメージを与えません。

  • 高湿度対応

    湿度95%RH時の発生量がカタログ値です。

    原料空気中の水蒸気が多いほど少なくなるオゾン発生量。
    ほとんどのメーカーのカタログ値がドライガスを前提としているのに対し、カルモアECOZONEは湿度95%RH時の発生量がカタログ値です。
    当初のエンジニアリング通りの結果が出せます。

    オゾンの発生量

    【温度変化におけるオゾンの発生量】

  • 新開発ODS触媒で高効率脱臭

    ODS触媒中に水蒸気ガス・オゾン・臭気成分を保持しながら化学反応。
    乾燥空気中オゾンに比べて非常に高い湿式オゾンの反応力で、少ない触媒充填量で高効率脱臭を実現しました。

  • アルデヒド対策の決定版

    ODSは低級~中級アルデヒドに対して圧倒的な効果持続時間を発揮します。アルデヒド用の活性炭をはるかに凌駕し、その他の酸化方式にも決して負けません。アルデヒド対策にお困りのお客様はぜひODSをご活用ください。

  • 自己再生で低コスト実現

    臭気を吸着しながら、オゾンと水の力で分解させるODS触媒。
    常に自己再生をし続ける触媒は、従来の活性炭装置と比べて触媒交換頻度が少なく、低ランニングコストを実現します。

  • 残留オゾン0.1ppm以下の安全設計

    発生したオゾンを分解し、O2 に戻してから排気するODS。
    その排気中オゾンは0.1ppm以下をキープするため、室内排気でも対応可能です。

  • ODSの脱臭の仕組み

    ECB-2で発生させたオゾンを施設内へ送り込み、悪臭と反応させます。

    ODSの脱臭の仕組み図

    • ※ 幅広い臭気・風量に対応可能です
    • ※ 排水処理、ディスポーザー処理の排気臭対策に
    • ※ 有機溶剤排気臭、UV印刷の排気臭対策に
  • オゾン乾式スクラバー脱臭装置 効果確認テスト

    自社の実排気臭に対して実際どれくらいの脱臭効果が得られるのか?大規模な実機を導入する前に、お客様ごとに特有な臭気においてしっかりとした性能確認を行うことは、リスク回避の観点から非常に重要です。
    ODS脱臭装置効果確認テストは、実機同様のシステムをスケールダウンした専用のテスト装置を使用するため、机上の計算値ではなく、実測と立合による確かな脱臭効果の確認が可能です。
    また、より正確なランニングコスト試算の入手をご希望の場合にも非常にお薦めです。

    ■どのような場所に適しているか?

    ・排水処理 ・ディスポーザー処理臭 ・有機溶剤排気臭 ・UV印刷機の排気臭

    ■こんな不安を抱える方にオススメです

    <効果確認>
    使用する材料、製造工程、稼働状況等で発生する臭気には幅があります。
    本テストでは実際の排気に対する確かな脱臭性能を確認できるだけでなく、オゾン量や、風量といったエンジニアリング要素を自在に変化させることができるため、リスクの無い実機設計を可能にします。
    <コスト試算>
    実排気・実稼働状況に対するより正確な試算を行うために、本テストは非常に有効です。オゾン量や風量を変動させるテストにより、最も脱臭効果が高い点を把握することができるため、コスト削減の視点に立ったコスト試算が可能となります。また、従来の脱臭装置とのランニングコストを比較していただけます。
    <耐久性確認>
    長期の性能持続性に不安がある等々、連続稼働における装置の耐久性と性能に不安を抱えるお客様には、テスト装置の長期レンタルをご提供可能です。(1週間、1ヶ月単位)長期レンタルは、排気の排出成分や臭気レベルの変動が大きい場合に、特に有効です。
    安定した性能を確認するだけでなく、より実稼働時に則したデータの入手を望まれる場合にもお薦めいたします。

    ■本テストには、下記の項目が含まれます。

    • 1.専用テスト装置を使用した現場テスト
    • 2.性能効果測定(臭気濃度測定)
    • 3.測定データ検証
    • 4.テスト報告書提出
    • 5.実機設計および見積書提出
    • ※排気条件 温度:50℃以下、湿度:無条件
    ● ODSとは?
    オゾン発生機により大量のオゾンを発生させ、におい成分を分解します。その際の反応を促進させるものがODS触媒です。
    ● ODS触媒とは?
    触媒表面上で空気中の水蒸気ガスをイオン化、オゾンを常に活性化させます。
お電話の前に必ずこちらをクリックして下さい
メールフォームでのお問い合わせはこちら
E-MAILでのお問い合わせはこちら

※北海道から沖縄まで全国対応いたします。
※海外でも実績がございます。お問合せください。

このページのTOPへ