月別アーカイブ: 2012年7月

におい刑事の助手・・いや、名相棒です


おはようございます。
臭気判定士 そして作業環境測定士として、
弊社ホルムアルデヒド0.1ppm以下を保証する脱臭システムを牽引する、
ホルマリンプロジェクトリーダーの佐藤がお届けしております。

私は、弊社の中では、最近でこそ病院関係への
ホルムアルデヒド対策ビジネスに付きっ切りですが、
実はもう一つ、弊社の中ではトップクラスの得意分野があります。

それは、ずばり、異臭発生源調査です。
http://www.201110.gr.jp/measurement/shuukichousa.html

なんのニオイか分からないから調査して欲しい。
どこからか汚水のニオイが入ってくるので侵入経路を調査して欲しい。
このような場合、ご家庭でもオフィスビルでも飲食店でも、
弊社では対応致しております。

通常、このような業務については、弊社代表である<におい刑事>が
有名なのですが、そのほとんどの現場で相棒となっているのが、
におい刑事の助手、こと、私佐藤なんです。

P1001908

臭気調査を行う場合、道具関係も、ニオイ刑事の七つ道具を持参します。
この道具たちをいかにフル活用出来るかも、臭気調査を成功に導くポイントです。

P1001906

でも一番の武器は鍛え抜かれた嗅覚。
決して人より鼻がいいかと言えばそうではありません。
においデカは、アレルギー性鼻炎&花粉症持ち(苦笑)ですしね・・。

IMG_2550

多くの場合、におい刑事とその助手である私の2名の嗅覚が
合致します。特に臭気質の場合、経験豊富な臭気判定士2名の嗅覚を
時折研ぎ澄ませます。そしてそれをいろいろな方法で検証していくのです。

IMG_2556

そう。仮説と検証。現場やその周辺を己の嗅覚で嗅ぎ廻る。
まさにデカが事件を解決するかのように。
先日オンエアーされたスーパーJチャンネルでは、
「謎を解け!悪臭だけの特命係。くさあいぼうシーズン4」
http://www.201110.gr.jp/media.html#001
でしたもんね。

におい刑事と佐藤のくさあいぼう。
今日もどこかの現場で嗅ぎ廻っているかもしれません。
次はあなたの家かも。。

http://blog.livedoor.jp/kyosei_blog-funtouki/archives/2012-04.html?p=2

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは
こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

また、工場の臭気対策(排気臭・水処理・施設内臭気)の専門公式サイトは
こちら→ http://www.factory-nioi.com/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは
こちら→
http://ameblo.jp/nioideka/

 

共生エアテクノ工務課の仕事


いつもご愛読いただいている皆様、感謝申し上げます。
アラフォー工務課 平山がお届けします。

弊社工務課の仕事、一部ですがご紹介してみたいと思います。

P7270142

一見何の写真かお分かりにならないかもしれませんが、車に積まれた荷物です。
(そのままじゃないか!と突っ込まれそうですが・・)
積まれた荷物は、弊社の命と言っても良いくらいの代物です。
除塵・脱臭スクラバーミニ、消臭剤接触ボックスミニetc・・
そうです!(また何が「そうです!」なんだと突っ込みを入れたくなるかと思いますがご容赦を)
弊社から工場様に適切な消臭対策をご提案させていただくために必要な、消臭デモ装置達です。
今回は、関東方面の工場様で臭気対策コンサルテーションを実施すべく、車を走らせる予定です。
等現場の様子は、もしかしたら弊社の営業さんたちがアップするかもしれないのでお楽しみに。
この脱臭デモ装置は、現在のところ1セットしかありません。
弊社のホームページにもありますように、全国対応しておりますので、
このデモ装置達は、名古屋を起点として東や西に奔走しているのです。
弊社工務課で現場まで運び、臭気対策コンサルテーションのお手伝いをする。
単純なことですが、仕事の一部のご紹介でした。
そろそろ装置達の塗装等も剥がれてきたから、修繕もしておかなくては・・・

でも暑いから、涼しくなる頃にやろう・・と思ってしまうダメな自分。

 

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは
こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

また、工場の臭気対策(排気臭・水処理・施設内臭気)の専門公式サイトは
こちら→ http://www.factory-nioi.com/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは
こちら→
http://ameblo.jp/nioideka/

臭気判定士への道vol6


みなさんおはようございます。
臭気判定士合格を目指す中丸です。

さてさて、臭気判定士試験の申込受付が始まりましたね。
中丸の臭気判定士への合格への道シリーズを
ご覧になっている方はすでに申し込まれているかと思いますが、
9/7が締日ですのでお忘れなく。

受験申請書にある通り、
臭気判定士試験は5つの科目からなっており、

A:嗅覚概論(10問各1点)

B:悪臭防止行政(10問各1点)

C:悪臭測定概論(10問各1点)

D:分析統計概論(10問各1点)

E:臭気指数等の測定業務(10問各1点)+計算問題(5問各2点)

この計55問、60点満点中42点(70%)が合格ライン!
また、どの科目も35%以上(計算問題は50%以上)とっておかなければいけませんので、
分析統計概論は分からないから捨ててしまえ!
という作戦はインポッシブルです。

近年、新しい切り口の問題が多数見受けられ、
試験が難しくなっている傾向があります。
ですが、必ず出題されるような問題も多数あり、
この問題をしっかり抑えておけば、
前年度の不合格者の私が言うのもアレ(苦笑)ですが、
42点をクリアできるのではないかと思います。

今回は「過去問から読み解く悪臭防止法その1!」でしたね。

におい婦警式○×クイズです。

あっ、ちなみに<ニオイ婦警>とは、
弊社代表である<におい刑事>の奥様。

お二人目のお子様の出産を控え、妊婦でつわりの時に
臭気判定士に合格したというアンビリーバブルな方です・・。

去年、スパルタ教育して貰ったのに不合格(涙)。
そのスパルタ教育をシェアしますよ~。

[23年度の過去問 B:悪臭防止行政より]

Q1.悪臭は、大気汚染等による生活環境被害の一様態であるが、
悪臭による固有の被害がもっぱら感覚的被害にとどまること等から、
悪臭防止法として個別に定められた。

A1.分かりません。悪臭の除去を求める声が高まってきたので
定められたと考えると×だと思いますが・・・。

Q2.悪臭防止法は、生活環境を保全することを目的とし、
国民の健康の保護は直接の目的とはしていない。
A2.○ これは臭気判定士への道vol4でやりましたね!
直接の目的は前者のみです。

Q3.下水溝などの汚水が流入する水路の管理者は、
悪臭の発生によって周辺地域における住民の環境が
損なわれることのないよう適切に管理しなければならない。
A3.○ その通り。第十六条より

Q4.何人も日常生活における行為に伴い悪臭が発生し、
周辺地域における住民の生活環境が損なわれることのないよう、
すべての地域において努めなければならない。
A4.× 住居が集合している地域において努めなければなりません。

Q5.臭気指数とは気体または液体に係る悪臭の程度に関する値であって、
人間の嗅覚でその臭気を感知することができなくなるまで
希釈をした場合におけるその希釈の倍数を基礎として算出されるものをいう。
A5.× 液体ではなく水です。

Q6.臭気指数の気体排出口における規制基準は、
補正された排出口の高さが5m未満の場合適応されない。
A6.× 15m未満の場合は臭気指数による規制基準が適応されます。

Q7.敷地境界線の規制基準を特定悪臭物質で定めた地域において、
生活環境を保全することが十分でないと認められる場合は、
気体排出口における規制基準については臭気指数で定めることができる。
A7.× 1号基準を元に2号基準を定めますので、規制基準はどちらか一方ですね。

Q8.特定悪臭物質に係る規制基準は、敷地境界線、気体排出口及び、
排出水のいずれの基準についても特定悪臭物質の濃度のみで定め、
臭気指数に係る規制基準は臭気指数又は臭気排出強度で定めることとされている。
A8.× 特定悪臭物質の気体排出口では流量でも定められます。

Q9.特定悪臭物質とは、不快なにおいの原因となり、
生活環境を損なうおそれのある物質であって政令で定めるものである。
A9.○ その通りですね。

Q10.特定悪臭物質は、悪臭防止法施行令第1条により
現在21物質が定められている。
A10.× 22物質でしたね。

回答が違うのでは??と思われる方は、
異論・反論・オブジェクション!のある方、お気軽にコメント下さい。
きっと私の間違え(汗)です。

におい婦警式教育法(勝手に命名)において、
同じ問題を繰り返し解く事、同じ科目を通年で解く事(23→22→21・・・
の同じ科目を連続して解く)が推奨されており、
科学的にもこの勉強法は証明されております。
みなさんも実践あるのみです!

それでは、次回「過去問から読み解く悪臭防止法その2!」です。
まったく楽しくないですが、お楽しみに!

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは
こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

また、工場の臭気対策(排気臭・水処理・施設内臭気)の専門公式サイトは
こちら→ http://www.factory-nioi.com/  です!

㈱共生エ
アテクノ
の代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは
こちら→
http://ameblo.jp/nioideka/

脱臭フィルタ設置完了!!


大阪在住の吉田がお伝えします。

7月3日に掲載しました案件が完成しました。

今回は某県のショッピングモール内に店舗を構えている
病院の外部から侵入する「におい対策」です。

ショッピングモールの屋上で給排気を行っている為、
風向きなどによっては排気した厨房のニオイが
そのまま給気口に流れて他の店舗内に流入してしまいます。

そのため、脱臭装置を設置しました。
マグセライドフィルタ & 活性炭フィルタ二重脱臭フィルターによる
脱臭装置で、クリーンな空気を店舗内におくる予定で進めていた案件です。


脱臭フィルタ
形状、設置改造し、フィルタ設置完了です!!  

この給気口、覚えてみえますでしょうか?
①

 

蓋をぽっかりとOPEN!!

②

このフィルタ設置台を安全第一! 平山レオ が取付ます。

⑤

脱臭の王様 活性炭フィルタ 登場!

⑥

はい、蓋して設置しました。

⑦

消臭の神様 マグセライドフィルタ 参上!

⑧

埃嫌いなので プレフィルタをまとい設置

⑨

クリーンでニオイのないフレッシュエアーを室内に送り 

7月20日より稼働しました。

お客さまもご満足です。

おつかれさまでした。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは
こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

また、工場の臭気対策(排気臭・水処理・施設内臭気)の専門公式サイトは
こちら→ http://www.factory-nioi.com/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは
こちら→
http://ameblo.jp/nioideka/

既設ゴミ置き場の脱臭装置お任せ下さい!


消臭脱臭専門会社、共生エアテクノの臭気判定士、
現場対応でオーバーフローの原田がお届けしております。

暑いですね~・・。
現場では汗が湯水のようにあふれ出し、
低級脂肪酸臭も気になってしまうところです(苦笑)。

でも、この夏になりますと、必ず多く頂戴するお問い合わせの一つに
既設マンションやオフィスビル、商業施設のゴミ置き場の臭い
がございます。

今年の夏も梅雨の頃から既に何件、頂戴したでしょうか。

もちろん弊社では、この既設ゴミ庫の臭気対策も得意中の得意です。
なぜなら、3,000件を超えるゴミ置き場への納入実績を誇る
酸素クラスター脱臭装置を有しているからです!!!

P1000076

運営していく中で、ゴミ臭が気になってしまう。ゴミ臭が住民さんや
テナントさん、近隣さんから臭気苦情になってしまう・・。

そんな時、弊社の臭気判定士や臭気対策コンサルタントが現場にお伺いします。
持って行くのは嗅覚。嗅覚以外では、においセンサーだったり、
スモークテスターだったりします。でもやはり、最大の武器は経験値。

P1000080

事前の下見調査で、どれくらいの臭気があって、どれくらいの広さで、
どの機種を選定すれば脱臭出来るのに十分かを想定していきます。

P1000078

必要に応じて、脱臭のデモテストも実施させていただきます。
住民さんの説明会で、しっかり効果があって、安全性も証明されていて、
実績も十二分にあって、信頼出来るメーカーのもの。
さらにはメンテナンスも最小の費用で最小の手間でやれれば最高ですよね。
その説明会でもしっかりご説明がご担当者様でも出来て、
皆様に納得いただけるテストデータをご提出するようにしております。

P1000079

既設のゴミ置き場ですと、既にゴミ臭等が付着してしまっているケースもあり、
必要に応じてオゾン脱臭装置や消臭剤噴霧を行う事もご提案しております。

弊社の特徴の一つに、「一つの脱臭装置だけのご提案ではない」事があります。
イオン方式もあれば、オゾン方式もある。活性炭も使うし燃焼法も有しています。
消臭剤噴霧方式やらスクラバー方式、チャンバーbox内接触方式もあれば、
乾式スクラバーも実績がありますからね。
特殊セラミックに加え、排水処理の循環システムやら、生ゴミ処理機もやっています。

ゴミ臭対策、どうぞ弊社までご一報なさってみてください!
https://www.201110.gr.jp/mail_inquiry.html

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは
こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

また、工場の臭気対策(排気臭・水処理・施設内臭気)の専門公式サイトは
こちら→ http://www.factory-nioi.com/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは
こちら→
http://ameblo.jp/nioideka/

ワニス滴下乾燥炉からのヤニ・タール成分排気対策


みなさんこんにちは。

最古参の楽天男です。

今日は日本にいますよ~。

 

先日、ワニス滴下乾燥炉からの排気に、ヤニ・タール成分が多いことと
それに伴う臭気の問題も少しありまして、何かいいのはないかと愛知県
のお客様からご依頼いただいていたのですが、先日完成して納品し、
無事検収いたしました。

排ガス処理2
 

この装置は弊社の扱う、アクアブラスターを利用した排ガス処理装置で、
水中に乾燥炉からの排気を通すことにより、ヤニ・タール分をしっかり
と補足して外部に漏らさないようにしているのです。

ついでに水に可溶ガス成分は、水中に移行してオマケで臭気も除去して
しましました。

 

水はPhで管理します。
アクアブラスターの散気管は特許を取っている特殊なエアレーション
装置内の水の交換は長時間ありません。

排ガス処理1

 

現在、3台の見積を頂戴していまして、今後増加すること間違い無しの
排気対策装置とひとりニヤケてます。

5立米毎分の処理装置で350万円ほどしますが、効果はバッチリです。

ただし、アクリル系ガスとシリコン系ガスはご容赦のほど、実験結果で
ダメでした。

 

この装置を複数段連結し、薬品での処理をかけると、排ガス中の塩基ガス
や酸性ガスも処理できるのではないかと、次のステップを計画中です。

 

まだまだブラックボックスの部分がありますので、内部はお見せでき
ませんことご容赦の程。

 

さて、営業に出かけますか。

 

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは
こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

また、工場の臭気対策(排気臭・水処理・施設内臭気)の専門公式サイトは
こちら→ http://www.factory-nioi.com/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは
こちら→
http://ameblo.jp/nioideka/

倉庫の脱臭作業を技術員として担当!


皆様、おはようございます。

最近、オゾン脱臭作業の仕事が増えてきている笹崎が
今日も元気にお届けしております~!

今朝のネタは・・。
出張でお手伝いした脱臭作業の現場についてです。

向かった先は、中部地方の某倉庫。
倉庫の脱臭のために出張してまいりました。

CIMG3097

弊社の脱臭作業は、臭気判定士によるビフォアー・アフターのチェックや
においセンサーによる数値保証、オゾンガスの特殊な使用法や
マイクロゲル消臭剤のニオイに応じた適切な噴霧を行っていきます。

なぜかというと・・。

消臭剤による消臭効果と、その薬剤がオゾンの反応を促進させる
2重の消臭効果が見込めるからです。

主にスクラバーやダクトスプレーで使用されるマイクロゲル消臭剤ですが、
ただ単に噴霧するだけでは、どんなに優れた消臭剤でも効果は発揮しません。

薬剤によって対応する臭気が違うので、最低でも薬剤選定は必要です。
ちなみにその上で、その薬剤の効果を最大限発揮させる為の
ノウハウは弊社の企業秘密です。。。

以下が代表的なものです

・S-B1(ゴミ処理場など)
生ゴミ臭(イソ吉草酸、硫化水素)に有効な薬剤です。

・S-NE(養鶏場、魚粉製造工場など)
生臭い臭気(アンモニア)に有効な薬剤です。
上のS-B1は比較的酸っぱい生臭さに有効ですが、
こちらは糞尿系に近い臭気に有効です。

・S-TF(熱処理をする過程など))
アルデヒド系臭気に有効な薬剤です。

・S-VE(塗装工場など)
有機溶剤・VOC臭気に有効な薬剤です。

今回のオゾン脱臭の現場で使用させていただいたのも
上記のうちの1種類です。

これらをオゾン脱臭装置とコンビネーションさせ、
徐々に臭気が低減していく様子は、
現場で作業をしていても感じる事が出来るのです!

CIMG3107

火災・火事の後の焼き焦げ臭対策。
倉庫に染み込んでしまった臭気対策。
カビ臭の除去。
ペット臭対策。
これらの脱臭作業でしたら、弊社で多数の実績がございます。

ぜひ弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい!
https://www.201110.gr.jp/mail_inquiry.html

臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは
こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

また、工場の臭気対策(排気臭・水処理・施設内臭気)の専門公式サイトは
こちら→ http://www.factory-nioi.com/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは
こちら→
http://ameblo.jp/nioideka/

新規で脱臭システムを導入する為には


共生エアテクノ60Hz、略してKAT60Hzの山田がお届けします。
臭気対策コンサルテーションは、
 ・現状の排気臭気が周りにどのくらい飛散しているのか
 ・どんな対策が有効なのか
 ・脱臭設備は必要なのか
などを確認する為に有効です。
さて、今回の臭気は強敵でした。
アンモニアや硫化水素と低級脂肪酸が混在する強烈な臭気が
排気される為、排気口付近は生臭い腐敗系臭気が滞留します。
また時間経過とともに熱が加わる事で臭気質も変化していき、
こげたような臭気も現れます。
多くは書けませんが、小動物の死亡後の処理に発酵機を使用
しています。その排気臭気対策です。
お客様は、現状のスクラバーの改修を検討してみえるので、
新規で脱臭システムを導入する為には今回のような
臭気コンサルテーションが必要なんです。
≪テスト1日目≫
発酵機の排気を、スクラバーと消臭剤噴霧BOXを使用して
脱臭テストを行いました。
臭気減少は確認出来ましたが元々の臭気レベルが高い為、
テストの結果は、満足いく結果とはいえませんでした。
臭気指数で表すと苦情が起きるレベルでした。
同時に周辺調査も実施する事で臭気漏洩度も確認できました。
このままではいけない、何か方法を考えないと・・・。
スタッフ一同、夜は対策のミーティングです。
≪テスト2日目≫
既設のスクラバー装置の排気口に、スクラバーと消臭剤噴霧
BOXを繋げて脱臭テストを実施。
既設スクラバーによる集塵効果と温度削減が功を奏したせいか、
テスト1日目よりも臭気軽減は確認出来ました。
スクラバー装置はまだまだ使えるし廃棄するのはもったいない。
そこで、既設のスクラバーは流用して、その後段に消臭剤噴霧
BOXを提案する事となりました。
脱臭テスト風景
脱臭テスト風景1
脱臭テスト風景2
ただ、田園風景にたたずんでいる訳ではありません、周辺調査です。
鼻に全神経を集中させています。
脱臭テスト風景3
臭気コンサルテーションは多いときに月に2~3回行われます。
脱臭テストを行う事で、実機に即した提案が可能です。
日本中どこでも、いや世界中? 行きますのでお声かけください。

弊社への共生エアテクノへのお問い合わせはこちらから御願いします。

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

第53回 日本臨床細胞学会総会 春期大会


こんにちは。
徐々に朝型になりつつある臭気判定士&作業環境測定士、
FAリーダーの佐藤です。

少し前に病理学会での展示について話がありましたが、
今回は臨床細胞学会で展示しました。

1

今回も特殊薄板ガラスの老舗、松浪硝子工業様との共同展示です。

会場は幕張メッセということもあり、
非常に広い空間での展示となりました。
臨床細胞学会では、病理検査室の技師様が多く来られます。
実際に現場で作業される方々なので、
FA対策について関心を持たれている方がほとんどです。

2

展示内容は、前回同様、
局所排気装置付き切出台
のみの展示です。
ただし、事例などを大きく印刷しグレードアップしております。

3

既に導入させていただき、ホルムアルデヒド濃度0.1ppm以下
達成している病院の技師様とも情報交換させていただきました。
また、これからFA対策を考えている技師様とも話をさせていただきました。

局所排気装置+酸素クラスター装置という組み合わせ、
カルモアハイブリッドシステムは他にはない唯一のシステムです。
初めての方も興味深く話を聞いていただけました。

ホルムアルデヒドについては対策するのが当たり前になってきましたが。
10月からはキシレンの法規制も厳しくなってきます。
当然弊社ではそちらの対策も様々な商品を持っております。
新しくなった法律についての説明から提案まで、
ホルムアルデヒド、キシレンともにいつでもご相談ください。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは
こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

また、工場の臭気対策(排気臭・水処理・施設内臭気)の専門公式サイトは
こちら→ http://www.factory-nioi.com/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは
こちら→
http://ameblo.jp/nioideka/

病院の外部から侵入する「におい対策」


大阪在住の吉田がお伝えします。

今回は兵庫県のショッピングモール内に店舗を構えている
病院の外部から侵入する「におい対策」です。

ショッピングモールにはいろいろな店舗が入っています。

当然色々な店舗から排気される臭いがあるのですが、
やはり飲食店舗のにおいが一番多いです。

ショッピングモールの屋上で給排気を行っている為、
風向きなどによっては排気した厨房のニオイが
そのまま給気口に流れて他の店舗内に流入してしまいます。

DCF00005

そうなると大変、店舗内で調理したフライやてんぷら、焼き魚、など
同じ飲食店に流入するのであればまだしも、
今回の病院さんではね・・・

そのほかに洋服店とかも困りますよね。
今から買おうとしている服に食べ物臭がついてたら・・・
買わないでしょ?

そこで今回、病院の給気口を改造して脱臭装置を設置し、
流入するにおいをシャットアウトすることになりました。

無題-01

マグセライドフィルタ&活性炭フィルタの二重フィルターによる
脱臭装置で、クリーンな空気を店舗内におくる予定で進めて頂いております。
現在、脱臭フィルタ形状、設置改造を検討しており7月末には稼働します。

P3150103


消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは

こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

また、工場の臭気対策(排気臭・水処理・施設内臭気)の専門公式サイトは
こちら→ http://www.factory-nioi.com/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは
こちら→
http://ameblo.jp/nioideka/