月別アーカイブ: 2012年10月

レンダリング工場での装置導入後の臭気採取


 

みなさんこんにちは。

最古参の楽天男です。

今日はレンダリング工場での装置導入後の臭気採取です。


さて、今日はレンダリング工場での脱臭装置導入後の臭気採取です。

 

レンダリング工場では、家畜等が処理されており結構臭気が強く、
以前は工場の周囲に人家が無かったのですが、昨今の住宅事情
から周囲に人家が出来てきました。

季節のいいときは、窓を開けて生活するものですから、敏感な方は
その臭気に反応し、時には苦情が発生してしまいます。

 

そんな時に相談を受けまして、少し前に消臭剤噴霧システム
導入していただきました。

今回は、想定通りに消臭剤の効果が出ているかどうかを調べる
臭気採取です。


IMG_0185
 

でっかい排気煙突からの採取です。
ちょっとおっかないですが、仕事と割り切り採取です。
結果はもちろん想定通りの臭気除去率で、一安心でした。

 

でも装置側に少し修繕箇所が見つかりました。
この修繕も先日終了しました。



0186

 

装置の導入からメンテナンスまで、しっかりやれるのが弊社の強み
でもあります。

 


☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!
  
人気ブログランキングへ

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは
こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

また、工場の臭気対策(排気臭・水処理・施設内臭気)の専門公式サイトは
こちら→ http://www.factory-nioi.com/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは
こちら→
http://ameblo.jp/nioideka/ 

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ 

臭気調査+シックハウス測定


みなさんこんにちは。
最古参の楽天男です。
今日は久々の臭気調査シックハウス測定です。
みんなが忙しいので単独調査です。
下見をしていたので、あたりを付けての調査ができました。
竣工して間もない建物ですが、半地下のエレベーターホール前に
異臭が漂い、少し問題になりかけていました。
確かにクンクンすると、異臭が…。
独特の苦い臭気を感じるではありませんか…。
さて、それはどこかなと壁伝いに探していたら、少し頬に当たる
風を感じました。
クンクンすると近い臭気が…。
早速気流検査器で気流を調査すると、やはり吹き出している。

気流調査中

そして調べると、躯体と壁面材の間に注目。躯体に耐火被覆が
ほどこされており、また半地下のため地面の部分はかなり
湿り気がある状態。
また一部塗装の跡もあり、換気不足。壁面材と天井材の隙間から
臭気が吹き出していることが判明しました。
化学物質での健康被害を懸念された依頼主は、シックハウス調査も
ということで、その調査も実施しました。

VOC測定その2

結果が出るまでに10日間ぐらいかかりますが、何事もありませんよう
にと思いながら調査を終えたのでした。

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!
  
人気ブログランキングへ

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは
こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

また、工場の臭気対策(排気臭・水処理・施設内臭気)の専門公式サイトは
こちら→ http://www.factory-nioi.com/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは
こちら→
http://ameblo.jp/nioideka/ 

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ 

臭気判定士への道 vol10


「臭気判定士の合格したいか~??」
「おお~!!」

そんな掛け声が目覚ましになっている中丸です。
臭気判定士合格を目指す皆様、おはようございます。

本試験まで1ヶ月。臭気判定士試験の知識と、
エンゲル係数が右肩上がりの中丸がお届けする名物シリーズも

いよいよ2桁ですぞ。
試験勉強もラストスパートです!
さてさて今回は「過去問から読み解く悪臭測定概論その2!」でしたね。
早速、においデカの奥さんでもある、<におい婦警>式○×クイズです。
Q41.各測定機関では、嗅覚測定法の標準操作手順書の作成に努める必要がある。
A41. ○ その通り!
Q42.排出口からの排出ガスの吐出速度が大きい場合、
風下側の排出口後方に排出ガスが巻き込まれ、降下する現象を引き起こしやすい。
A42. × 正しくは吐出速度が低い場合ですね。
PA130003
(※写真と記事は全く関係ありません・・)
Q43.排出口の近くに高い建物がある場合でも、
排出口高さがその建物高さの2.5倍以上であれば、
ガス拡散に対する建物の影響は小さいと考えられる。
A43. ○(?) 2.5倍以上あれば、影響は受けません。
(詳しくはhttp://www.env.go.jp/air/akushu/kisei/full.pdfにて)
Q44.排出口の形状が、陣笠、H型、横向きの場合は、
排出ガスの運動量によるガス上昇が見込めない。
A44. ○ その通り!
Q45.盆地では地形性逆転層が発生しやすく、この気象条件下では排出口からの
排出ガスは拡散されにくく、停滞しやすい。
A45. ○ その通り! 空気の対流が抑制され停滞しやすくなります。
Q46.夏季の日中には、大気安定度の階級が「不安定」となり、
最大着地濃度が排出口近くに出現しやすい。
A46. ○ その通り! 大気安定度は気象条件で分類されます。
Q47~Q49は臭気指数の気体排出口における規制基準の算出に関する問題です。
Q47.周辺最大建物高さ(m)及び排出口口径(m)の調査が必要である。
A47. ○ その通り!
Q48.排出ガス(℃)及び水分量(%)の調査が必要である。
A48. ○ その通り!
Q49.排出ガス流速(m/秒)及び排出口の向きの調査は不要である。
A47. × 調査は必要です!
Q50・・・といきたいところですが、
計算問題ですので次回にしましょうか!
次回、
「臭気判定士試験前日スペシャル!計算問題まとめて総復習!」です。

PA130008
(※写真と記事は相関ありません。。。)

 

楽しくないですが、お楽しみに!

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!
  
人気ブログランキングへ

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは
こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

また、工場の臭気対策(排気臭・水処理・施設内臭気)の専門公式サイトは
こちら→ ht
tp://www.factory-nioi.com/
 です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは
こちら→
http://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

都内某所で影ながら脱臭装置をメンテナンス


いつも共生エアテクノのスタッフブログをご覧いただいている皆様、
おはようございます。

地獄の猛特訓にて、自分の殻を打ち破る覚悟を固めた笹崎です。
どのような特訓なのか、不安ですが、過去の自分と決別する為、
素直に謙虚に、やってみますので、これからの笹崎を皆様、
何とぞ温かく見守ってやって下さい!

さて、今日の御題は「酸素クラスター脱臭装置のメンテナンス」です。
場所は場所だけに、守秘義務もあるかもしれませんし、
都内某所とさせていただきます。

この都内某所は、国内最大級と言われる設備が導入されている施設です。
ただし、その施設内の悪臭は問題になるかもしれないと、
施設の評判にも関わる部分なので、細心の注意を払っているようです。

以前にもブログにて紹介させていただきましたが
その臭気対策として、弊社が取り扱っている
酸素クラスターionair脱臭装置エアブルー型」
が導入されております。

エアブルーは、酸素クラスター脱臭装置の中でも
最も強力なタイプになります。しかも台数は8台!
これほどの数を導入していただいている施設はなかなかありません。

CIMG4803

実は私、休日に臭気の下見を兼ねて、ここに遊びに行っております。
目玉の施設では、家族連れで大盛況でしたね。

肝心の臭気ですが……
無臭ではありませんが、臭気はかなり薄いです。

そしてこの10月、エアブルーのメンテナンスを行ってまいりました。
酸素クラスター脱臭装置は、脱臭能力を維持するため
年に1度のメンテナンスを推奨させていただいております。

CIMG4828

今回はオープンから半年経たずのメンテナンスでしたが
次回のメンテナンスは1年後……
来年まで24時間働き続けてくれています。

CIMG4824

平成25年の9月と10月のメンテナンス前後で
脱臭効果の違いを確認できるかと思います。

CIMG4823

このように、皆様から見えない、日の当たらない影のところで、
弊社共生エアテクノの臭気判定士や、メンテナンスチームは
快適な室内環境を創造し、深呼吸空間を創造する為に、
日々、業務に邁進しているのです!

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!
  
人気ブログランキングへ

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは
こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

また、工場の臭気対策(排気臭・水処理・施設内臭気)の専門公式サイトは
こちら→ http://www.factory-nioi.com/  です!

㈱共生

マイクロゲル消臭剤をダクト内スプレーシステムで使用。


いつも大変お世話になっております。
第10期を迎え、今期のスローガンも決まり、
ますます深呼吸空間の創造に奔走している原田です。

今期も消臭・脱臭のプロフェッショナルとして、
悪臭対策の現場に臭気判定士として、
日本はもちろん、アジアへも飛んでいく覚悟です。

さて。
脱臭の方法にはいろいろありますが、
弊社はほとんどの脱臭法を取り扱いしていまして、
それが弊社の特徴の一つとなっています。

その中でも、最もご提案するケースが多い一つであり、
お客様のニーズに合致しやすく、
消臭納入実績が多いのが、消臭剤噴霧方式です。

既存の排気ダクトが長い工場さんですと、
そのまま消臭剤スプレーシステムを設置すれば、
それなりの脱臭効率を発揮させる事も可能です。

でも、私の臭気判定士としての経験の中で、
そのような上手い話は本当に稀です。
ほとんどは、排気ダクトであったり、接触boxであったりを
設計して、消臭剤噴霧の効果を最大限に発揮させるノウハウも
大切なご提案内容となります。

スプレーS2

現場にあるものを活用するケースも、裏技的ですが少なくありません。

例えば↓の堆肥化工場様の事例をご覧下さい。
http://www.201110.gr.jp/voice.html#006
現場で使わなくなったのか、使えなかったのか分かりませんが、
大きなスクラバーのようなものが置いてあったのです。

これを見逃す手はありません。
共生縦型消臭スクラバーとして活用させていただいたのです。
マイクロゲル消臭剤をスプレー噴霧してその中を縦型に臭気を
通しながら接触させるイメージです。

スプレーS1

↑の現場では、仮囲いを作ってしまいまして、自然と排気されていくところを
活用して、チャンバーboxと見立ててしまい、そこに消臭剤スプレーシステムを
上手く導入した事例です。

先日も、消臭剤をご購入いただいたのに、効果があまり出ていないという
お客様がいらっしゃいまして・・。
いくらマイクロゲル消臭剤の消臭効果が高いと言っても、
それをしっかり活用できなければ、宝の持ち腐れというものです。

消臭剤のスプレーシステムの効果。それは、
「消臭剤の脱臭能力」×「気液接触率」
で決まると言っても過言ではありません!!

その両方を持ち合わせている、弊社共生エアテクノの工場対策メンバー。
だからこそ、たくさんのお客様からたくさんのお引き合いを頂戴し、
たくさんの実績からまたたくさんのノウハウが蓄積されていく、
まさに消臭対策のプロとしての、上昇スパイラルなんです!

消臭剤スプレーシステム、ダクト内スプレーシステム、
スクラバーシステム。
産業工場の臭気対策は、既存で上手く行っていない場合でも
ぜひ弊社までお声掛け下さい。
https://www.201110.gr.jp/inquiry.html

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!
  
人気ブログランキングへ

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは
こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

また、工場の臭気対策(排気臭・水処理・施設内臭気)の専門公式サイトは
こちら→ http://www.factory-nioi.com/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは
こちら→
http://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

チーム60hzにもいるんですよ、臭気調査をするメンバーが!


やっと秋らしくなってきましたね。暑がりの私には過ごしやすい
季節になってきました。
チーム60hzの山田がお伝えします今日の話題は臭気調査
うちのにおい刑事とその相棒等がよくブログで書いていますが、
チーム60hzにもいるんですよ、異臭調査をするメンバーが!
臭気調査は一人で行う事はほとんどありません。
内容によりますが、2人~4人と調査員を増員します。
ここ最近は異臭発生源調査が続きました。
あまり詳細はお話しできませんが、
「某住宅での臭気調査」
「関西地区の某学校トイレの臭気調査」
「某所美術館内の臭気調査」
「関西地区の商業ビルエントランスホールでの臭気調査」
このような感じで続きました。

DSCN1964

原因は付着臭気、建材臭気、換気不足によるカビ様臭気、
配管漏えいにより下水雑排水臭気など原因は様々でしたが
何とか悪臭の原因解明する事が出来ました。

DSCN1965

調査では天井裏や床下にもぐりこむ事もあります、
階段を往復する事もあります、早朝深夜の調査もあります。

チーム60hz のメンバーは、50hzチームに比べると平均年齢も高く
メタボ率も高いので、長時間の調査は体にこたえますが、
臭気発生原因が判明すると疲れも吹っ飛びます。

DSCN1954

臭気調査、臭気測定脱臭設備の提案、脱臭作業等など
臭気に関するご相談お問い合わせお待ちしております。

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!
  
人気ブログランキングへ

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは
こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

また、工場の臭気対策(排気臭・水処理・施設内臭気)の専門公式サイトは
こちら→ http://www.factory-nioi.com/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは
こちら→
http://ameblo.jp/nioideka/ 

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ 

第10期こそ信頼を頂戴出来る1年に・・


おはようございます。笹崎です。
今日は10月1日ですね。

弊社、消臭脱臭専門会社の共生エアテクノは、
第10期のスタート初日です。

いいかげん、イージーミスやケアレスミスを減らし、
「バーター臭気コンサルタント」ではなく、
先輩社員からもお客様からも信頼を頂戴出来るように
1年間チャレンジしていきますので
よろしくお願い申し上げます!!

さて、そんな意気込みでチャレンジした新しい担当業務。
それは・・。「スス除去工事」です。

主に臭気調査の依頼が多い都内某地域…
今回はそこに、臭気調査ではなく火災現場のスス除去に
行ってまいりました。

弊社のメイン業務のひとつが「脱臭」ですが
火災現場後に残るこの煤は脱臭において大敵。
火災現場の脱臭には、オゾンで脱臭することが多いのですが
臭いの発生源であるこの煤が残っていると、焦げ臭を発生させ続けるのです。

ススは細かく、大量に、広範囲に、狭い所に、高いところに散らばり尚且つ、
なかなか落ちません。
多孔質の壁面や断熱材などに付着すると、
それ自体を撤去しなければならない場合もあります。

脱臭で使う活性炭も、煤も同じ炭素。
なのに臭いの問題に関してこうも正反対なのは不思議ですね。

CIMG4775

壁面左部分がスス除去作業
壁面右部分がスス除去作業後

煤の臭気成分は大半がアルデヒド臭
この臭気を抑えるために
今回はスス除去に加え、消臭剤を噴霧します。

CIMG4794

使用する薬剤は「マイクロゲルS-TF
焼き焦げ臭に特化して配合された消臭剤になります。

CIMG4785

PS内は煙の通り道になりやすく
臭気も残りがちです。念入りに噴霧します。

数日の作業が終了。
これで臭気の無い快適な空間に!

……というわけにもいかず

作業開始前後での臭気の差は歴然ですが
やはり次の段階であるオゾンが脱臭の主役。
今回はその準備に過ぎません。

火災など無いことが一番ですが
万が一、発生してしまった火災の脱臭には
私、笹崎に御連絡下さい。
https://www.201110.gr.jp/inquiry.html

尚、今回使用した薬剤「マイクロゲルS-TF」は
弊社で御取扱いしております。

オンラインショップからは注文できませんが
お電話かFAXで御連絡いただければ、御用意致します。
https://www.201110.gr.jp/inquiry.html

もちろん火災後の焼き焦げ臭脱臭作業も
スス除去工事と合わせて承ります!

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!
  
人気ブログランキングへ

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは
こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

また、工場の臭気対策(排気臭・水処理・施設内臭気)の専門公式サイトは
こちら→ http://www.factory-nioi.com/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは
こちら→
http://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★