真冬の脱臭作業現場


まいどお世話になります。
共生エアテクノの技術・開発部長 吉田がお届けしてます。

弊社では、脱臭装置を設置したら、「はいさよなら~」というスタイルや、
押し売りして逃げるようなスタイルで、仕事はしておりません。
脱臭業界はこのようないい加減な業者が多いんです)

弊社にお問い合わせいただくと、しばしば、脱臭装置の残骸に
出会う事もあります。悲しい事ですが、現実です。

私から見れば、「こんな脱臭装置の設計や方法で効果はないやろな~」
と思ってしまうわけですが、これを平気で売ってしまう業者さんにあきれ、
買ってしまった御客様に同じ脱臭屋として申し訳ない気持ちになります。

御客様の条件や出ているニオイによって、脱臭装置の設計は様々です。
活性炭一つとっても、どのような量で、どのような種類で、どのように接触させるか。

IMG_0914

弊社でいえば、デオキーパー®脱臭装置がありますが、
ほとんどのケースではきっちりフィールドテストを行う事を基本としています。

この季節は、屋外の現場は本当に厳しい寒さです。
湿式の脱臭装置、弊社でいえば、ハイブリッドスクラバー®脱臭装置などは、
寒さに加えて水も使います。

CIMG0629

現場で作業を行う臭気判定士臭気対策コンサルタントは、
寒さと冷たさとの戦いでもあります。

それでも御客様の為、脱臭装置を最適な状況でご使用いただく為、
納入した後もメンテナンスやアフターフォローは欠かせません。

CIMG0630

せっかく高機能な脱臭装置を納入いただいても、
脱臭効果が発揮出来ないようでは何の意味もありませんから・・。

これから3月末まで、現場現場の日々。技術開発や設計の時間も満足にとれず、
目が回る忙しさですが、その分、弊社の脱臭装置は絶対に自信があります。
どうぞ、脱臭に関するお問い合わせは、弊社共生エアテクノまで。
https://www.201110.gr.jp/mail_inquiry.html

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします! button3  人気ブログランクへ

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です