敷地境界線での臭気測定について


いつも本ブログをご覧いただいている皆様、ありがとうございます。
工場の排気臭対策をメインに行っている臭気判定士の原田がお届けいたします。

今回は、敷地境界線での臭気測定についてご紹介致します。

現在、日本国内には悪臭防止法という法律があり、全ての事業所に対し周辺住民への
生活環境の保全につとめる事を目的としたもので御座います。

生活環境の保全が害された場合、周辺住民は事業所又は役所に苦情を申し立てます。

その時に、悪臭防止法で制定された規制値を超えているかなどを検査する必要があり、
規制値を超えている場合は規制値以下にするために臭気対策を行わなければなりません。

悪臭防止法という法律は、事業所の敷地境界線にて規制値が定められており、規制値は
大きく分けて2種類御座います。

1)特定悪臭物質22物質による規制

2)複合臭気を計測する臭気指数(臭気濃度)による規制

上記2種類の内どちらかで規制をされております。

 
1)特定悪臭物質22物質による規制

特定悪臭物質とは、不快な臭いの原因となり、生活環境を損なうおそれのある物質として
22物質を指定しております。
アンモニア、メチルメルカプタン、硫化水素、硫化メチル、ニ硫化メチル、トリメチルアミン、
アセトアルデヒド、プロピオンアルデヒド、ノルマルブチルアルデヒド、イソブチルアルデヒド、
ノルマルバレルアルデヒド、イソバレルアルデヒド、イソブタノール、酢酸エチル、
メチルイソブチルケトン、トルエン、スチレン、キシレン、プロピオン酸、ノルマル酪酸、
ノルマル吉草酸、イソ吉草酸

各物質において、敷地境界線での規制値を設けられております。

 
2)臭気指数(臭気濃度)による規制

三点比較式臭袋法

三点比較式臭袋法


臭気指数の測定方法は、三点比較式臭袋法によって算出されます。

3つの無臭の袋を用意し、一つの袋に対象臭気を注入し、どの袋に臭気が入っているかを
当てていく作業を行います。

当たったら更に薄めて・・・といった作業をにおいを感じなくなるところまで進めます。
実際にわからなくなった時に対象臭気を無臭の空気で何倍に希釈したかを計測し、
臭気指数を算出する方式となります。

臭気指数による規制は、様々な臭気が複合している状態を人間の鼻によって計測する方法となり、
周辺住民の悪臭に対する感覚と一致しやすいため、優れた測定方法と言えます。

特定悪臭物質22物質は、人間の鼻で感じる物質が40万種あると言われている中で代表的な
22物質のみ規制をしている状態です。

その為、規制値を守っているのに臭気クレームが無くならないなどのケースに遭遇します。

実際に周辺住民が感じる臭気の程度は、22物質での規制で解決することが難しく、臭気指数による
規制に切り替えている自治体が増えていっております。

弊社では敷地境界線で臭気を採取し、臭気指数の測定を行うことができます。
最近よく頂く測定業務としてまして、「クレームになる前に自社の臭気の状態を把握したい」、
「脱臭装置を新設したから敷地境界線での効果を検証したい」、「本当に自社から発生した臭気が
周辺に拡散しているのか」など測定業務の依頼を多くいただいております。

敷地境界線で臭気を採取 臭気指数の測定

敷地境界線で臭気を採取(臭気指数の測定)

様々な情報を把握することが可能となる

敷地境界線で臭気を採取(臭気指数の測定)

敷地境界線での測定を実施することで、実際に周辺に臭気をどの程度拡散させてしまっているのか、
どの部分から臭気が流れてくるのか、どのような臭質なのか、規制値を超えているのか、などなど、
様々な情報を把握することが可能となります。

臭気が気になるようになったら、一度お問い合わせを頂ければ幸いです。

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキングへ

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

ビジネスホテルも戦場です


いつも本ブログをご覧いただいている皆様、こんにちは。
病理検査室のホルマリン対策をメインに行っている
臭気判定士の佐藤がお届けします。

前回、局所排気装置の点検の事を途中まで説明しておりましたが、
気分が変わって今回は臭気調査のお話しです。

先日、某ホテルの臭気調査を行ってきました。
ホテルでの調査は過去何度も経験しておりますが、そのたびに原因や臭気の質が違い、
私の中では鬼門の一つです。
そんな中で、過去あった難しかった調査のお話し。

場所はホテルのスイートルーム。
雑排水系臭気がうっすら漂うお部屋。
調べてみても、特に強くにおいがする場所がありません。

雑排水系臭気がうっすら漂うお部屋

雑排水系臭気がうっすら漂うお部屋

早速トレース調査を実施。
衛生配管に専用の薬剤を流し、センサーに反応が来るか確認します。
センサー反応があったら臭気発生原因の可能性大なのですが、反応がありません。

衛生配管に専用の薬剤を流し、センサーに反応が来るか確認

センサーによる臭気確認

色々と悩んだ挙句、衛生配管がない場所もチェック。
すると、部屋の片隅の天井裏でセンサー反応が。

部屋の片隅の天井裏でセンサー反応が

部屋の片隅の天井裏でセンサー反応が

全体的に高い数値が出ていますが、
ある場所にセンサーを当てると急激に高くなるのがわかります。

その後、図面などから設備屋さんに確認してもらい、においの発生源を見つけることができました。
衛生配管があるところに必ず原因がある、と思っていると解決できない現場でした。

臭気調査や脱臭作業カビ対策はもちろん、
ホルマリン対策でお困りでしたら、
ぜひ弊社共生エアテクノまで!
https://www.201110.gr.jp/

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキングへ

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

「サマーセール」キャンペーンを実施中!


 
いつも本ブログ、脱臭くん奮闘記をご覧いただいている皆様、
ありがとうございます。
今回の担当は、におい刑事臭気判定士の松林です。

あっという間に2016年も8月に突入しましたね!
私はこの8月に誕生日がきますと、40歳になります。
不惑、前厄といろいろありますが、頑張ります!!

さて。暑い夏を乗り切ろう~と、各地では夏祭りや
花火大会など、様々な催しものが開催されています。

弊社共生エアテクノでも、大変ささやかながら、
「サマーセール」キャンペーンを実施しております。

一般のご家庭にもってこいの価格とコンパクトさがうりの
オースリークリア」。

一般のご家庭にもってこいの「オースリークリア」

一般のご家庭にもってこいの「オースリークリア」

そして、業務用・産業用に高いオゾン濃度を発生させられる
オゾンウエイブと、オゾンウエイブプロを合わせた
3商品が対象商品です!

サマーセール対象商品の詳細は、
http://www.201110.gr.jp/machine/ozon_dassyu.html
↑よりご確認いただけます。

一般のご家庭や小さな空間であれば、
オースリークリアというオゾン脱臭装置がベストマッチです。
家の中はもちろんですが、車の中や小さなゴミ置き場なども
お手軽にセッティングして脱臭できちゃいます。

車の中や小さなゴミ置き場などもお手軽脱臭

車の中や小さなゴミ置き場などもお手軽脱臭

オゾン回収機能はないですが、オゾン水を生成できる機能も
有しておりますので、例えばお風呂の中とか、洗濯機の中、
排水管の中なども、オゾン水で除菌や脱臭もできます。

オゾン生成量は、200mg/hrですが、
必ず無人空間にてご使用するようにして下さい。

さあ、夏のオゾン脱臭装置大セール、
オースリークリア、オゾンウェイブ、オゾンウェイブプロの
3台のサマーキャンペーン
http://www.201110.gr.jp/machine/ozon_dassyu.html
を、↑要チェックですよ~。

弊社共生エアテクノへのお問合せはこちら

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキングへ

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

「Entech Pollutec Asia 2016」タイ国展示会詳細レポ


 
梅雨も明けましたね。
毎日が当然のように暑く、外に出ることも嫌になるような強烈な日差し…
お肌に悪い!肌のお手入れは大切に。
と言っておいて、なんの手入れもしないままに、毎日を外で過ごしております。
60HzロマンスグレーH氏(前回の山田のブログにあったので…)こと、
平山がお届けします。

今回は、吉田も紹介しておりましたが、タイ国での展示会をご紹介したいと思います。
出展経緯等の概略は、吉田が紹介してくれておりますので、またそちらをご確認ください。

この展示会は、環境のエリア(水処理や太陽光が多い)、
設備関係のエリア(ポンプメーカーや配管メーカーが多い)が
分かれており、弊社は環境のエリアに出展しました。

弊社は環境のエリアに出展

弊社は環境のエリアに出展

展示品として、脱臭設備「ハイブリッドスクラバーType-IC」、「酸化機能水生成ユニット」、
におい監視システム「デオモニ」を展示して来訪者をお迎えしました。
ハイブリッドスクラバーや酸化機能水生成ユニットにおいては、実寸大スケールでの展示スペースが
ないため、以降の現場で実際に使用していけるよう小風量テスト機を用意、
におい監視システムにおいては、実際に現地でどれくらい興味を示してもらえるのかが、
分からないこともあり、モニター表示は完全日本語表記でした。

小風量テスト機を用意

小風量テスト機を用意

実際に上述機器を動かし、多くのお客様に足を止めていただけました。
ゴム工場、塗装工場、養鶏や養豚、食品工場、コスメ工場、あと若干のひやかし…と
すべてを含めれば60社以上の訪問がありました。
予想以上の来客に、においへの関心が深いことを実感しました。

客層はローカル企業様が多く、タイ語のできない私たちはただそこにいることしかできず…
置物同然だったこと付け加えておきます。
幸いにもタイ協力会社の現地スタッフのおかげで、すべての来訪者に対し対応させていただけたので
置物2名、安堵いたしました。
今後、協力会社の支援を得ながら、臭気コンサルテーション等をご提案させていただくことに
なると思いますが、どれだけの会社が前向きな検討をしてくれるのか?楽しみです。

臭気コンサルテーション等をご提案

臭気コンサルテーション等をご提案

日本にいても、タイにいても暑い毎日…涼しい地域からのお問合せお待ちしております。
歓迎しますよ。

最後におまけ…協力会社のスタッフさんの談笑風景を激写!
兄弟ではありませんよ。背の高いおじさんは、正真正銘の日本人です。
よく似てるので記念撮影しておきました。

協力会社のスタッフさんの談笑風景

協力会社のスタッフさんの談笑風景

臭気でお困りの事業主様、お気軽にご相談して下さい。
いつでも臭気対策のお手伝いをさせていただきます。

弊社共生エアテクノへのお問合せはこちら

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキングへ

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

消臭剤による脱臭効果確認テスト


こんにちは、
チーム60hzの臭気判定士山田がお伝えします。

前回の記事はGW頃でしたが、もう順番が回ってきました。
えっ、もう?って感じです。
7月ですよ、暑いはずだ。
今年はN・A・S・Aが史上最も暑い年になるとかニュースで言ってましたので、
少し階段上がっただけで汗だくなのはそのせいか。
決して太りすぎ、運動不足では無いはず!

さて、
今日のお題は臭気コンサルテーション。
最近は活性炭のデモテストが多かったのですが、
ひさびさに消臭剤による脱臭効果確認のテストを行いました。

活性汚泥の処理施設の臭気対策に、マイクロゲル消臭剤酸化機能水を使用。
今回はデオミストTypeWのデモ機でテストです。

ノズルでマイクロゲル消臭剤と酸化機能水を細かく噴霧します。
フィルターを使用する事で接触効率を高めます。
こんな感じ
デモテスト
 

脱臭テストと同時進行で、作業時の臭気変動も確認しました。
周辺の臭気影響を確認。
こんな感じ
官能検査
けっして、キスミー!って言ってる訳ではありません。
真剣に弊社代表でもあるニオイ刑事が、臭気判定士として臭気を確認しているのです。

 

それと、排気口での臭気変化も測定する為に高所作業車を使用して
屋上ルーフファンから臭気を採取。
こんな感じ
高所作業車

 

共生のロマンスグレーH氏。
今回は場内環境も改善したいとの事でしたので、場内噴霧用の噴霧装置も設置。
こんな感じ
噴霧装置

ファンとノズルがセットになっていて、広範囲に消臭剤が行きわたります。
場内に定点で設置する事で作業環境の改善につながります。

今回の臭気コンサルテーションで、汚泥臭気に
マイクロゲル消臭剤酸化機能水も効果がある事が確認出来ました。

このような臭気コンサルテーションを実施する事で、
適切な臭気対策をご提案出来ます。

臭気でお困りの事業主様、お気軽にご相談して下さい。
いつでも臭気対策のお手伝いをさせていただきます。

弊社共生エアテクノへのお問合せはこちら

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキングへ

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

タイでの展示会レポート


 
いつも脱臭くん奮闘記をご覧いただいている皆様、
ありがとうございます。

今回は、臭気対策コンサルタントの吉田が担当です。

5月末、弊社東南アジア担当の平山とともに、
タイはバンコクへ行き、展示会へ出展しておりました。

弊社のハイブリッドスクラバー脱臭装置は、
東京都中小企業振興公社の海外支援認定を受けており、
今回はその事業の一環として、支援を受けての出展となりました。

公社の小間の中に、1小間、共生エアテクノの専用ブース

共生エアテクノの専用ブース

公社の小間の中に、1小間、共生エアテクノの専用ブースを
設けていただきました。
その中に、ハイブリッドスクラバーのデモ機を設置し、
来場者の方に視覚でわかりやすく訴求できるようにしました。

展示パネルは英語とタイ語

展示パネルは英語とタイ語

展示パネルは英語とタイ語。弊社では英語でもよく理解できない
メンバーばかりなので、日本語でのパネルをもとに、
英語とタイ語で作成いただけたのは助かりました。

ハイブリッドスクラバーのデモ機を設置

ハイブリッドスクラバーのデモ機を設置

水曜日~土曜日まで、まる4日間にわかっての展示会。
水処理の会社さんは多く見受けられましたが、
弊社のような、脱臭専門業者はいなかったように思います。
30社ほど興味をもっていただいたお客様ができまして、
またタイでの臭気対策業務に、お役に立てるように頑張ります。

臭気対策悪臭相談等はお気軽にお問い合わせ下さい。
弊社共生エアテクノへのお問合せはこちら

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキングへ

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

臭気の評価でお困りの事があれば弊社まで


 
こんにちは! 悪臭スナイパーこと中丸です!

最近よく臭気測定についてお問合せを頂きますので、臭気測定について
ブログを書きたいと思います。

臭気判定は主に、脱臭工事の前後の効果測定や、消臭製品の効果測定、
室内各所における臭気状況の把握をしたい時等に臭気判定のご相談を頂きます。

臭気判定は
・人間の鼻の感応による測定
→6段階臭気強度表示法
→臭質の判定

・においセンサーによる機械による測定
の2通りで行います。

・人間の鼻の感応による測定方法
○6段階臭気強度表示法
6段階臭気強度表示法を用いて臭気をclassifyします。
においの強さを6段階に分け、0から5までの数値で表示したものを
6段階臭気強度表示法と呼びます。
人間の鼻の感応で、臭いの感じ方を数値で表すものです。

ここで臭気強度1は検知閾値、臭気強度2は認知閾値に相当するもので、
検知閾値は何か臭いがあるな(=検知)したとき
認知閾値はこの臭いがあると認められる(=認知)とき
と覚えておくと覚えやすいかなぁとか思ったり思わなかったり・・・。

上記に加え、現場や対象物によっては、
臭質や快不快度の評価を加える事によって臭気を評価します。

人間の鼻の感応による測定

人間の鼻の感応による測定

・においセンサーを用いた測定方法
においセンサーは空間にある臭気の量を数値化する測定機です。
弊社では以前ご紹介をさせて頂いた、deomoniやneoΣを用いて測定を行います。
他の箇所や外気を基準として、臭いを数値として比較する事ができます。
センサーについては以前の記事も併せてご覧ください。
http://www.201110.gr.jp/blog/sensor20160108

においセンサーを用いた測定

においセンサーを用いた測定

さらに数値として厳密に臭気を評価したい場合は
3点比較式臭袋法による臭気濃度の測定、
臭気にどのような化学物質がふくまれているのか知りたい場合は、
検知管やGC-MS (ガスクロマトグラフ/質量分析計) 等による物質濃度測定が有用です。

人間の鼻と機械による測定から得られたデータによって臭気の評価を行い、
その結果を元に効果的な脱臭対策のご提案などを実施させて頂いております。
臭気の評価でお困りの事があれば、弊社までお気軽にご相談ください。

弊社共生エアテクノへのお問合せはこちら

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキングへ

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

牛肉加工工場様より臭気対策のご依頼


 
いつも本ブログをご覧いただいている皆様、ありがとうございます。
工場の排気臭対策をメインに行っている臭気判定士の原田がお届けいたします。

今回ご紹介させて頂く臭気対策内容は、消臭剤噴霧による
臭気低減方式についてご紹介させて頂きます。

北海道某所の牛肉の加工工場様より臭気対策のご相談を頂戴しました。

新工場を建てる計画をしているが、既存工場の排気から牛肉を加工する際に
どうしても臭気が発生してしまい、排気側に臭気を低減させる脱臭装置
設置したいとのご依頼内容でした。

新工場建設まであまり時間もなく、今回は検証テストを実施せず、
過去実績値から消臭剤噴霧システムにて臭気の低減方式を御提案させて頂きました。

検証テスト未実施のため、どのくらいの臭気が発生し、どこまで低減させなければ
ならないかが未知数でしたが、考えられる部分を想定し、様々なパターンに
対応できる消臭剤噴霧ユニットを設計させて頂きました。

先日無事設置が完了し、試運転調整を実施させて頂きましたが、問題なく
消臭剤がダクトの中で噴霧できていることを確認しました。

消臭剤がダクトの中で噴霧できていることを確認

消臭剤がダクトの中で噴霧できていることを確認

消臭剤接触ボックス

消臭剤接触ボックス

消臭剤は水に希釈して使用するタイプの消臭剤となるのですが、場所が
北海道でございますので給水配管には頑丈な保温工事がなされておりました。

もし給水配管が凍結してしまうと、消臭剤が噴霧できず、発生した臭気が
そのまま排気されてしまいますので、設置場所によってはこのような
設備側での措置が必要となります。

実際に工場の稼働はまだまだ先となりますが、稼働後は実際に発生している臭気を測定し、消臭剤の最適な噴霧量や種類などを選定させて頂く予定となっております。

新築時の場合でも様々なことを想定し、設備側に余力を持たせてフレキシブルに
対応することも可能となりますので、新築時でも臭気の対策をご検討の際は
是非ご相談を頂ければ幸いです。

臭気対策悪臭相談等はお気軽にお問い合わせ下さい。
弊社共生エアテクノへのお問合せはこちら

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキングへ

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

局所排気、点検してますか?


 
いつも本ブログをご覧いただいている皆様、こんにちは。
病理検査室のホルマリン対策をメインに行っている
臭気判定士の佐藤がお届けします。

あらかじめ申し上げますが、とても狭い分野のお話しです。
皆さんは仕事場で局所排気装置を使用されていますか?
病院の病理検査室で使用しているホルマリン対策の局所排気装置、
実は1年に1度の点検が必要で、基本的には自分でやらなければなりません。
ただし、外部の業者に委託することもできます。

とある病院の病理検査室、私が担当して局所排気装置を入れました。
その後、点検のお話をいただきました。
その中で今回は気流確認の様子です。

切り出し台のチェック

切り出し台のチェック

切り出し台のチェックです。
しっかり吸われていることが確認できます。

流し台のチェック

流し台のチェック

流し台のチェックです。
エアカーテンになっているので、
気流が乱れていないか確認します。

撮影台のチェック

撮影台のチェック

撮影台のチェックです。
弊社の撮影台ではありませんが、合わせてチェックしました。

もちろんこれだけで終わるわけではありません。
次回は別の調査についてお伝えしたいと思います。

臭気調査脱臭作業・カビ対策はもちろん、
ホルマリン対策でお困りでしたら、
ぜひ弊社共生エアテクノまで!
https://www.201110.gr.jp/

お気軽にお問い合わせ下さい。

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます
☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキングへ

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

タイの展示会に出展します!


いつも脱臭くん奮闘記をご覧いただいている皆様、ありがとうございます。
今回の担当は、臭気判定士におい刑事、松林がお届けします。

弊社共生エアテクノは、2016年6月1日~4日まで、
タイのバンコクにおける展示会
ENTECH POLLUTEC ASIA 2016」 に出展致します!(主催者公式サイト

会場は、BITECです。BTSでも行けますので
利便性の高い立地ですね。

弊社は、公益財団法人 東京都中小企業振興公社より、
海外販路開拓支援事業の支援対象となっており、
2年間の継続ののち、さらに2年間の支援認定を受けております。

海外販路開拓支援事業の支援対象

海外販路開拓支援事業の支援対象

今回の展示会も、支援事業の一環となっておりますので、
弊社の出展ブースは、東京パビリオンの中の公社ブースの一角にて、
K19
という小間になります。

東京パビリオン公社ブース K19

東京パビリオン公社ブース K19

入場は無料との事ですが、来場できるのは、業界関係者のみと
なっているようです。お子様は入場できないので、
そういった意味では2015年実績が25,083名の来場者と
発表されていますが、大変濃い中身が期待できるというものです。

小さなブースではありますが、弊社としてはせっかくの展示会なので、
ハイブリッドスクラバーデオミスト/TypeIC型のデモ機を
展示するつもりで、技術開発チームが必至で設計・製作して
間に合わせてくれました!

ハイブリッドスクラバーデオミスト/TypeIC型のデモ機

ハイブリッドスクラバーデオミスト/TypeIC型のデモ機

もしご来場される方がいらっしゃいましたら、ぜひ、弊社のブースにも
お立ち寄り下さい。
また、タイの既存のお客様や関係者各位、当ブログ等を見て
ご興味をもっていただいた方もぜひ、お気軽にデモ機を見に来て下さい!

臭気対策や悪臭相談等はお気軽にお問い合わせ下さい。

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!
 人気ブログランキングへ

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★