いよいよ、第15期のスタートです!


 人気ブログランキング← クリックをお願いします。

いつも本ブログをご覧いただいている皆様、ありがとうございます。
今回の担当は、代表のニオイ刑事よりお届けです。

2003年にこの共生エアテクノを創業して以来、
消臭・脱臭一筋にやって参りました。

そしていつの間にやら14年があっという間に過ぎ去りまして、
2017年9月30日で第14期を無事、終了する事が出来ました。

もちろん、感慨にふけっている余裕なんてなく・・
毎月数多くの、におい110番を頂戴しておりますので、

臭気検証

2017年10月1日からスタートする第15期も、
全く変わらず、深呼吸空間の創造をご提供して参ります。

第14期は、弊社がメーカーとしてこの世に送り出しました、
デオキーパーデオモニが、多くのお客様から必要としていただけました。

デオキーパーは、基本的に活性炭を入れますので、
日本国内にて、10件近いお客様のもとへ納入させていただきました。

ニオイ監視装置であるデオモニ

デオモニ/DEOMONI

は、海外でももちろんご活用いただけますので、
日本はもちろん、タイでも導入実績が出来まして、
今でも新規引き合いを数多く頂戴しております。

そして第15期は、いよいよ満を持して登場する

インジェクションスクラバー脱臭装置

インジェクションスクラバー脱臭装置が、
新カタログとともにこの世の中に送り出されます!

弊社の技術責任者が、1年以上の年月をかけて、
もてる経験とノウハウを総結集させて、
我が子のように慈しみ、一人前に育て上げた新型スクラバーです。

どれだけマーケットから必要として求めていただけるか、
世の中のお役に立てるか。
答えを出してくれるのは、とてもシンプルなんです。

さあ、10月1日から第15期がスタートしました。
弊社社員一同、より一層、地球の未来の空気環境に貢献すべく、
臭気対策業務に邁進して参ります。

仕入先様、協力業者様、お客様、ビジネスパートナー様、代理店様、
そして弊社を取り巻くすべての皆様に、
一層のご愛顧を賜りますよう、宜しくお願い致します!

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

弊社への共生エアテクノへのお問い合わせはこちらから御願いします。

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

におい監視システム「DEOMONI」海を渡りタイランドへ


 人気ブログランキング← クリックをお願いします。

夏が終わってしまいましたねぇ。

少しうれしいです。

夏が好きか?冬が好きか?と聞かれたら皆さんはどちらですか?

私は断然冬です。
汗かかなくていいから…

いろいろな場面で、このような統計は取られているみたいですが、

だいたい結果は、二分するようです。
夏好きが少し多いか、冬好きが少し多いかに。

知ってますか?臭気測定(三点式におい袋法)でも、簡単な統計を
使って計算されてること。

前置きが長くてすいません。チーム60Hz 平山です。

今回は8月末のことになりますが、におい監視システム「DEOMONI」
タイランドに納めて参りました。

DEOMONIデオモニ設置盤

ついに海外デビューとなりました。
国内に実績はあるので、あまり新鮮な感じはしませんでしたが…

前回の投稿では、製作が間に合うか???なんて書いていましたが、
まあ、納めたといことは間に合ったということです。

結構ハードな日々でしたけど現場に設置し、電源を入れる瞬間、
パイロットランプが点灯した瞬間に、そのすべてが報われる。

最高に好きな瞬間。

稼働を確認し、調整を終わらせ、ミッションコンプリートです。

風測定機デオモニ設置

におい監視システム「DEOMONI」もようやく海外実績ができました。

海外でも使用できるのです!

電波を使うシステムなので、国によっては法に触れてしまうこともありますが、
海外からのご注文も常時、承っております。

もちろん国内もです!

DEOMONI設置

弊社がタイランドに進出して5年になります。

当初はこんな国で、仕事になるのか?、臭気の話を全然理解してくれないし…
なんて時期もありましたし、赤字収支なんて年もありました。

しかし、臭気の法整備、タイ人臭気判定士の誕生を境に、臭気対策への理解も深まり、
細部まで浸透してきたように感じます。

現に、臭気のご相談件数も増加してきておりますし、
「この機を逃さず、確実に繋いでいこう」と、決意新たにしている次第です。

気づけばタイトルのにおい監視システム「DEOMONI」の内容が薄いですが、
また機会があれば、ご紹介しますね。

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

弊社への共生エアテクノへのお問い合わせはこちらから御願いします。

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

暑いぜ!広いぜ!臭気コンサルテーション


 人気ブログランキング← クリックをお願いします。

共生エアテクノチーム60Hzの臭気判定士山田です。

9月になりました、日中はまだまだ暑いですが朝晩は過ごしやくなってきましたよ。

暦の上では秋です。スポーツの秋!芸術の秋!食欲の秋!とかいろいろありますが、秋と言えば何を思い浮かべますか。

においの秋というのもありますよ、

この時期は過ごしやすくなって窓を開ける機会も増えます。そうすると、今まで感じなかった臭気が室内に入ってくることになり、苦情に繋がります。

さて、今回のブログは

暑いぜ、臭気コンサルテーション

広いぜ、臭気コンサルテーション

の2本です。

見て下さいね~!!

 

暑いぜ、臭気コンサルテーション

まだまだ残暑が続く中、中部地方で臭気コンサルテーションをして来ました。

40代のおじさん4人と20代1名で屋上まで機材を上げて、消臭剤の噴霧テスト。

フラフラになってセッティング。テスト終了後は、すみやかに機材撤収。

作業風景

まだまだ終わりません。もう1か所、地上面でも脱臭テストを行いました。

接触BOXを通して効果の確認。

作業風景

屋上も地上も原臭が上がらないので数字上は効果が分かりづらいですが、鼻の感応では差を感じる事が出来ました。

これ以外に臭気を採取、バブリングテスト等と、みっちりな2日間でした。

暑かったけど、熱い仕事でもあります。

 

さて、もう一件

広いぜ、臭気コンサルテーション

さっきの脱臭テストを実施した臭気コンサルテーションの翌週に中国地方で臭気コンサルテーション

今回は40代のおじさん4人で臭気測定。3人は飛行機入り、私は機材を積んだ車で移動・・・。

現場は非常に広い敷地内にあり、門から入場しても現地まで5分以上かかります。

排気口の測定、敷地境界の測定、場内測定、消臭剤合致テストと盛りだくさん。

作業風景 作業風景

連チャンの臭気コンサルテーションで疲れがたまり、週末はパワフルな子度たちが疲れを貯めさせてくれました。

だもんで、こんなものを買いました。

買い物

まともに歩けません。

妻も子供も楽々歩く。私だけこんな顔。

痛顔

脱線しましたが、臭気コンサルテーションを実施する事で臭気発生状況が分かります。

臭気の対策箇所の絞り込み、脱臭設備の仕様等も確認する事が出来ます。

日本国内だけなく、アジア地域からのお問い合わせもお受けしています。

お気軽にご相談して下さい。宜しくお願い致します。

それではまたお会いしましょう。

臭気対策でお困りでしたら
一度お問い合わせをお願い致します。

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

臭気監視システム「デオモニ」について


 人気ブログランキング← クリックをお願いします。

本ブログをご覧いただいている皆様。
こんにちは。いつもお世話になります。
今回は、取締役部長の吉田がお届けします。

8月下旬。今年何度目でしょうか、またタイに出張しておりました。
タイの工場に、弊社オリジナルの「デオモニ」という
臭気監視システムを導入させていただくためです。

デオモニ

お打ち合わせ時では、競業他社もいらっしゃるとの事でしたが、
ほぼ勝負にならず、価格面や性能面含めたトータルで、
弊社の臭気モニタリングシステム「デオモニ」に決定いただきました。

日本国内ではいろいろな工場をはじめ、臭気が気になるさまざまな
シーンにてデオモニは求められ、ご購入いただき、設置させて
いただいております。

脱臭テスト

このような脱臭テストの時でも、臭気変動を確認したり、
臭気のピークをとらえたり、臭気の脱臭状況を確認したりと、
排気口や敷地境界の臭気の監視だけではなく、
商品や倉庫、あるいは大空間や脱臭装置等の監視まで
いろいろなリクエストを頂戴し、日々研究開発を重ねております。

デオモニ記事画像

そんな社内やお客様の声やご要望というのは、実は宝の山です。
弊社メンバーにも気づきを貰いますし、技術・開発責任者を
任されている私にとっても、「こんな工夫があったのか!」
アイデアのヒントを得られたりします。

このように、臭気監視システム「デオモニ」はもちろん、
スクラバーデオキーパー等、弊社の脱臭に関する全てを
日々、ブラッシュアップさせていきますので、
臭気や脱臭装置、消臭や臭気センサーに関する事でしたら、
弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

日本は全国どこでも駆け付けますし、タイでもすぐに
タイの弊社代理店が対応可能です。
それではよろしくお願い致します。

臭気対策でお困りでしたら
一度お問い合わせをお願い致します。

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

ハイブリッド脱臭工法を用いた火災後臭気対策


 人気ブログランキング← クリックをお願いします。

こんにちは! 悪臭スナイパーこと中丸です!

毎年この時期はカビ対策火災後臭気対策異臭発生源調査等のゼロオドサービスの依頼が多くなるような気がしております。
今年もご多分に漏れず、お問い合わせを多数いただいております。

今回は、そんな中でも「ハイブリッド脱臭工法」を用いている、火災後の臭気対策事例についてのご紹介をさせて頂きます。

弊社では、施工前臭気測定→焦げ・煤除去→消臭作業→施工後臭気測定の流れで対策を進めていきます。

〇臭気測定では、においセンサー臭気判定士による6段階臭気強度表示にて現状の臭気レベルを評価します。においの感じ方は個人差がありますので、臭気判定士による客観的な測定と、機械による測定を併用します。

〇焦げ・煤除去
火災現場の主な臭いの発生源は煤や焦げです。スケルトン後も煤や焦げが残っている場合、除去していきます。除去の方法は様々で、ディスクグラインダーによるケレン、超高圧洗浄機による洗浄、洗浄剤による洗浄、金ブラシやタワシによる煤払い等、現場状況に合わせて選択していきます。
 焦げや煤が残ってしまうと、この後の工程で実施する消臭剤オゾン脱臭をいくら行っても臭いが残ってしまいますので、処理面の臭いを嗅ぎながら徹底的に除去していきます。

焦げ・煤除去/超高圧洗浄機による洗浄

焦げ・煤除去/金ブラシによる煤払い

〇消臭作業
煤・焦げの除去が終わったら、躯体に染みついた臭いについて除去していく工程となります。オゾンガスを用いたオゾン燻蒸脱臭消臭剤酸化機能水の噴霧により臭気を低減させていきます。

オゾンガスを用いたオゾン燻蒸脱臭

消臭剤や酸化機能水の噴霧

火災後の残存臭気にお困りでしたら、ぜひとも弊社にお問い合わせください。

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

新型デオキーパーの ご紹介


 人気ブログランキング← クリックをお願いします。

いつも本ブログをご覧いただいている皆様、
お世話になります。

今回の担当は、臭気判定士の原田がお届けしております。

またまた前回に引き続き、活性炭脱臭装置デオキーパーについてご紹介致します。

ここ最近デオキーパー出荷ラッシュとなっており、ご紹介する内容が
デオキーパーだらけとなっておりますが、今回は新型デオキーパーの
ご紹介となります。

3Dプリンターによる樹脂成型時に発生する臭気対策として活性炭脱臭装置
デオキーパーをご採用頂きました。

3Dプリンター
※写真はイメージです

皆さんもすでに御存知と思いますが、3Dプリンターとは、パソコン上で設計した
立体図を3Dプリンターに送信することにより、3次元の立体物を造形することが
出来る機械となります。

3Dプリンターは特殊な樹脂を使用し、少しずつ樹脂を固めていき、設計通りの
立体物を造形していきます。

この樹脂の臭気が独特の何とも言えない臭気で、お客様よりこの臭気に対して
対策を講じたいとの相談を頂戴しました。

臭気クレームが発生する前に事前対策として、また作業員の作業環境対策と
して対策を行いたいとのことで、事前に検証テストも実施致しました。

入口臭気濃度1600→出口臭気濃度25 脱臭効率約98%

独特な臭気を発生させておりましたが、出口側で大きく低減することとが出来ました。

お客様の要望として、脱臭装置で処理した空気は屋外に排気せず、室内に循環させて
欲しいとのご要望があり、室内循環型の活性炭脱臭装置デオキーパーにて詳細設計を
行うことになりました。

部屋内のエアバランスが崩れてしまうと、外部のゴミ、ほこりなどが部屋内に
侵入する恐れがあるため、3Dプリンターの造形物に不純物が付着しないよう循環型を
選定させて頂きました。

また、3Dプリンターメーカー様より排気風量が指定されており、少ない排気量で
処理を行う必要が御座いました。
(排気風量を多くすると、造形物に異常が出る可能性があるとのこと)

通常フィルター式のデオキーパーでの推奨をしておりますが、設置スペース、排気風量を
総合的に考え、小風量対策用積層型のデオキーパーでの対策を推奨させて頂きました。

デオキーパー
積層型のデオキーパー

積層型はフィルター型に比べて活性炭量を多く搭載することが可能となり、脱臭効果が
長く保てることが特徴となります。

効果が長く保てることは、交換頻度を少なくすることが出来、交換にかかる作業費を
抑えることが可能となります。

設置後、3Dプリンターから発生する臭気が低減でき、運用をして頂いております。

活性炭脱臭装置デオキーパーは各風量に合わせた製品がラインナップされておりますが、
お客様の要望に応えてオリジナル製品の製造も可能となります。

臭気対策を検討しているけど効果をしっかりと発揮させたい、省スペースの装置がいい、
操作が簡単なものがいい、外部に臭気を漏らしたくないなど様々なご要望にお応えできるよう
製品ラインナップを続々増やしておりますので、臭気対策でお困りでしたら
一度お問い合わせをお願い致します。

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!

 人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

どこでも調査します



人気ブログランキング← クリックをお願いします。

いつも本ブログをご覧いただいている皆様、こんにちは。
病理検査室のホルマリン対策をメインに行っている
臭気判定士・作業環境測定士の佐藤です。

臭気調査をするとき、色々な場所に行くことがあります。
今回はその中で狭かった場所をいくつかピックアップしました。

最初現場はビルとビルの隙間です。
下水臭を調査する場合、下水配管がどこにあるのか、
図面だけではなく実際に見て確認します。
排水はビルの裏手に全部出ている、と聞いたためビルの裏側に回りました。

ビルの隙間

何本もある配管、排気口を一つ一つ確認していきます。
狭い中、図面と見比べる大変な作業になります。

2つ目はパイプスペースの中です。
やはり排水配管が通っているため、問題になるケースがあります。
調査の結果、パイプスペースから臭気が発生していることまで突き止めましたが、どの配管が悪いのかわかりません。

パイプの隙間

小さな点検口から中に入り、配管の隙間をぬって進みます。
結果、問題となっている箇所を目視で確認することができました。

臭気調査脱臭作業カビ対策はもちろん、
病理検査室のホルマリン対策でお困りでしたら、
ぜひ弊社共生エアテクノまで!
https://www.201110.gr.jp/

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

タイの工場での臭気対策でも、臭気コンサルテーションとデモテストから!



人気ブログランキング← クリックをお願いします。

こんにちは。酷暑な日々が続いておりますが、
皆様は体調いかがでしょうか。

今回の担当は、代表である、ニオイ刑事の松林です。
ここ数か月は、タイを中心に、ベトナムも含めて、
日本と行ったり来たりしています。

ベトナムでは先日、臭気コンサルテーションを完遂しまして、
ベトナム南部環境ビジネスセミナー
https://www.201110.gr.jp/blog/asia2658
にも、登壇させていただいた次第です。

これから、臭気関連についての法整備ですとか、
工業団地としての取決め等、活発に議論が進められていく事でしょう。
弊社はもちろん、その分野においては、可能な限りのお手伝いを
させていただきます。

そしてタイでは、さらにいっそう、工場(特に日系の工場)において
臭気対策の意識や必要性が高まっているのは間違いありません。
この臭気対策という事については、規制が弱まる可能性はおそらくゼロであり、
規制が厳しくなる可能性はおそらく高いという特徴があります。

日本の工場の臭気対策ですと、勝利への方程式というのが(弊社では)ありまして、
臭気のコンサルテーションで現状把握をする
・それに基づいて実機を含めた脱臭システムや対策の立案をする
・実機を見据えた脱臭デモテストを実施する
・それに基づいて最終的な脱臭装置やダクト工事を設計する
・実機導入と試運転等
という流れになります。

最近、タイでもこの傾向が受け入れられるようになってきまして、
7月には、タイにおける臭気モニタリングシステム「デオモニ
https://www.201110.gr.jp/blog/deomoni-2695
の初受注&設置を前にした実地準備を行っていたのですが・・。

それ以外でも、複数のタイの日系工場にて、消臭対策のデモテストを
実施しなくてはなりません。

タイ日系工場施設

タイの工場現地にて、日本と同じ事を実施しようというのですから、
とても弊社だけでは対応しきれません。
タイのビジネスパートナーさんとともに、CO-WORKしながら
そして日本の臭気判定士と、タイの臭気判定士がコラボしながら、
日本ブランドをタイオリジナルと掛け合せていくのです。

今回は1週間の訪タイで、なんと2件の工場でデモテストです。
1件が、ダクトスプレーシステムでのデモテストであり、
1件が、ハイブリッドスクラバーの最新型(別名になります)です。
2つの場所は、飛行機で移動するくらいの距離感であり
道具の輸送や人の確保だけでも簡単ではありません。

しかし、日本の我々も、タイのビジネスパートナーも、
タイの工場の排気臭対策や作業環境改善の為に、とにかく必死なんです。
タイの工場の臭気対策は、これからが本格的になっていく時期であり、
それはとても重要で大切な導入期でもあると思っているからです。

工場のような強くて大風量である排気臭や場内臭気の消臭や脱臭というのは、
一朝一夕で出来るものではありません。
弊社はそれのみを14年間、脱臭一筋でやってきました。

そして今、日本はもちろんですが、タイやベトナム、中国でも
求められるようになりました。

大変?とんでもない。光栄な事です。
我々が常に掲げている目的や理念の一つに、
「この地球の未来の空気環境に貢献する」
「人と自然と街並みが空気環境において共生できるようにする」
というものがありますから。

日本やタイの工場の臭気対策をはじめ、
ニオイに関する問題でしたら、
弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

におい監視システム「DEOMONI」海を渡りタイランドへ



人気ブログランキング← クリックをお願いします。

もう夏ですね。って言ってるまに秋になってしまうのでしょうけど・・・
チーム60Hz 臭気対策コンサルタントの平山が、今回の担当です。

今回ご紹介いたしますのは、弊社のにおい監視システム「DEOMONI」
8月末頃になるかと思いますが、海を渡ることになりました~!
いよいよデオモニも、タイに求められて海外デビュー!!です。

既に国内にてやるべきことは、着々と?遅れ気味かな?準備を進めております。
DEOMONIが雨ざらしになってはいけないので、デオモニ専用の監視BOXを急ピッチで製作。

8月末納入がお客様希望なので、遅くともお盆前には出荷が必要です。
日本とタイランドでは、電源の仕様が異なるため、日本の標準仕様品を
使うことができません。

でも、電圧が異なるからと言って、デオモニ専用の監視BOXを大きくしたくない、
重くしたくないと考えたりしていたら、仕様を決定するまでに時間を
使い過ぎてしまい・・・実は遅れ気味なのはここだけの話。
でも、それが私の役割でもあるので、プライドにかけても仕事に穴は空けません。
死ぬ気で製作しますわ。帰ったら。

デオモニ専用の監視BOX デオモニ専用の監視BOX改造

というわけで、今は納入先でやるべきことのため訪タイしております。
DEOMONIシステムの肝、電波確認をおこなうためにやってきておるのです~。

電波確認

事前情報から、若干不安な面もありましたが、臭気センサー設置予定箇所(子局)から
監視ルーム(親局)までの通信状態を無事、確認できました。

通信状態を確認

電波確認をおこなうと同時に設置箇所の確認も取れましたので、今回のミッションは無事完了。
あとは希望される納入日に間に合わすのみです。

帰国したら、追い込みだ~!SU SU NA Krap!!

今回はにおい監視システム「DEOMONI」タイランド設置に向けての準備をお伝えしました。
弊社へのお問合せはこちらまで!

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

ベトナムで臭気コンサルテーション



人気ブログランキング← クリックをお願いします。

こんにちは
共生エアテクノチーム60hzの臭気判定士山田がお送りします。

夏です。暑いです。
汗かきの私には苦手な季節です。
何もしていないのに汗が止まらない。肥満が原因の一つとも言われますが、痩せる気配ありません。どうしたものか・・・。

さて今回のお話は海外出張
暑いのが苦手な私がベトナムへ出張してきました。10年くらい前にタイへ脱臭装置を設置に行った以来の海外出張です。タイが暑かったので、ベトナムも同じだろうと思っていたけど、それほど暑くなくて助かりました。
今回は臭気調査の為に行って来ました。
日本に限らず、ベトナムでも臭気の苦情があります。
当社はタイでの実績はありますがベトナムでは初めて。
私も初ベトナム。
ベトナムと言えば、

アオザイ
フォー
メコン川
ベトナムコーヒー
ベトコンラーメン

私の乏しい知識ではその程度くらいしかでてきません。

市街地は高層ビルが立ち並び、道は車とバイクでびっしり。
でも、街から少し離れただけで急にのどかな水田・畑の風景と変化します。水牛もいきなり現れます。

急激に経済成長しており、外資系企業がたくさん進出しています。そうなると今まで無かった臭気を感じたり、臭気以外の環境問題も増えていきます。
今回は、バリアブンタウという地区の工場群から排気される臭気が近隣だけではなく、広範囲に飛散しているので対策検討したいと相談を受けて、臭気対策コンサルテーションを実施してきました。
メンバーは、におい刑事とゆかいな仲間たち(3臭士)


日本から測定機材を持ち込んで、臭気採取を行い、現地のベトナム人女性に協力してもらい臭気測定を実施しました。

 

結果として、臭気は広範囲に強いレベルで飛散していることが分かりました。
脱臭対策はもちろん必要ですが、まずは臭気の規制を設ける事の方が先決かと考えます。

ベトナムに大気汚染防止法のような法律はあるのですが、悪臭防止法に相当する法律はまだありません。
ちなみに、タイには悪臭に対する法律があり、臭気判定士のような資格もあります。タイにおける弊社の協力会社の担当者が本資格を取得しております。
近隣諸国で臭気に関する法令化がある事で刺激になり、早くルールが作られる事を願います。

今回、ベトナムで臭気対策コンサルテーションを実施させて頂きましたが、タイや中国からも” target=”_blank”>臭気対策相談を受けております。
日本だけでなく、アジアからの臭気対策相談を承りますのでお気軽にご相談をして下さい。
それでは、また次回お会いしましょう。

弊社へのお問合せはこちらまで!

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★