1.  > 
  2.  > 
  3. 【食品加工工場様】 臭気から選ぶ解決方法

【食品加工工場様】 臭気から選ぶ解決方法

食品加工工場様からのご相談で多いのは、ニンニク臭やフラーヤー臭や焙煎臭など幅広くございますが、共生エアテクノは、食品加工工場様のニオイのお悩みについて、最新鋭の消臭脱臭装置と、経験豊富な弊社スタッフによる臭気解決サービスにより、お客様にご満足いただいています。
下記の臭気のボタンをクリックして頂ければ、ご推奨できます複数方法の脱臭装置をご提案申し上げます。 また、下記以外の臭気もございましたら、お気軽にご相談ください。
なお、納入事例でございますが、守秘義務がございまして全てのケースを掲載することができません、詳細はお問い合わせをお願い申し上げます。

ニンニク臭

ニンニク煮込み時に発生する臭気の代表的な含有臭気成分(硫化アリル、メチルメルカプタン、アリルメルカプタン等)は、非常に嗅覚閾値の低い臭気成分で脱臭しにくい臭気です。その排気臭は近隣の苦情になりますし地域境界線の基準値をオーバーしてしまう時があります。
共生エアテクノは色々な状況を考え、下記の最新鋭脱臭装置3機種をご推奨申し上げます。

製品名 方法 特徴 備考
ハイブリッドスクラバー® -TypeHⅡ-
詳細はこちら
スクラバー
フラッシング
オゾン
酸化機能水
・フラッシング機構と霧化噴霧機構そしてジェット散水機構を持つ共生エアテクノ独自のハイブリッド方式で、従来の散水式スクラバーの特徴を備えながら、より強力な脱臭性能を生み出します。
・酸化機能水の登場で脱臭性能がさらにパワーアップしました。
酸化機能水の詳細はこちら
ハイブリッドスクラバー® -TypeHⅡ-
ハイブリッドスクラバー® -デオミストTypeW-
詳細はこちら
ダクトスプレー
接触ボックス
マイクロゲル消臭剤
酸化機能水
・消臭剤噴霧ノズルをダクト内に設置し、効率的に消臭剤を臭気と接触させ、さらに、排気ダクトの途中に接触ボックスを設け脱臭効率を向上させます。
・消臭剤は、マイクロゲル消臭剤と酸化機能水があり、臭気によって使い分けます。
マイクロゲル消臭剤の詳細はこちら
酸化機能水の詳細はこちら
ハイブリッドスクラバー® -デオミストTypeW-
デオキーパー®
詳細はこちら
カートリッジ式
活性炭
ゼオライト
・接触ボックスの中に、フィルターを挿入し、高効率に脱臭する、省スペース・簡単メンテナンスの活性炭カートリッジ式脱臭装置です。
・活性炭はもちろん、ゼオライトも入れることができますので、臭気によって使い分けることが可能です。 活性炭の詳細はこちら
デオキーパー®

脱臭装置をお考えの際は、まずは臭気コンサルテーションをお勧めします。

製品名 方法 特徴 備考
臭気コンサルテーション
詳細はこちら
臭気判定士の嗅覚
3点比較式臭袋法
OER
脱臭テスト装置
・工場や施設の臭気状況を掌握して、失敗のない効率的な脱臭対策が行えます。
・排気臭はどこから、どんな臭気が、どのくらいの強さで発生し、周辺のどこまで影響があるかを確認します。
・どの臭気発生源を、どんな脱臭装置で、どこまで脱臭すれば、悪臭苦情は解決するのかを脱臭テスト装置で確かめます。
臭気コンサルテーション

ハイブリッドスクラバー®-デオミストTypeW- 納入事例

■対策内容

ニンニク煮込み時に発生する臭気が近隣住民から苦情になり対策
ニンニク煮込み時に発生する臭気の代表的な含有臭気成分(硫化アリル、メチルメルカプタン、アリルメルカプタン等)は、非常に嗅覚閾値の低い臭気成分で脱臭しにくいのですが、噴霧テストを実施し、得られたデータから有効な脱臭設備である「マイクロゲル噴霧脱臭装置」を提案致し設置しました。

接触ボックス 接触ボックス
ダクトスプレー ダクトスプレー
ノズル噴霧状態 ノズル噴霧状態

■設置方法

ダクトスプレー装置と横型消臭スクラバーハイブリッドスクラバー® -デオミストTypeW-を設置しました。
工場屋上に600φ:50mの排気ダクトを新設しました。そして前段で消臭剤(マイクロゲルC-PCLN)のダクトスプレー装置にて臭気低減し、後段に横型消臭スクラバーにて脱臭する方法をとりました。

■脱臭検証

マイクロゲルC-PCLNで84%の脱臭効率を得る事が出来ました。
臭気濃度の嗅覚測定を行い、消臭剤:マイクロゲルC-PCLNで84%の脱臭効率を得る事が出来ました。

臭気濃度測定 マイクロゲルC-PCLN
原臭 装置通過後 脱臭効率
ニンニク煮込中 1,600 250 84%
製品充填中 1,000 160 84%

■機器詳細

・排気風量:10,000㎥/hr
・マイクロゲルスプレーシステム、ダクト工事 600φダクト新設、
接触BOX(フィルター含む)1500角、噴霧ユニット、排気ファン新設

このページのTOPへ

お電話の前に必ずこちらをクリックして下さい
メールフォームでのお問い合わせはこちら
E-MAILでのお問い合わせはこちら

※北海道から沖縄まで全国対応いたします。
※海外でも実績がございます。お問合せください。

カレー臭

カレースパイス製造工程から排気される香料臭気が周辺に漂い苦情になりますし、地域境界線の基準値をオーバーしてしまう時があります。
共生エアテクノは色々な状況を考え、下記の最新鋭脱臭装置2機種をご推奨申し上げます。

製品名 方法 特徴 備考
ハイブリッドスクラバー® -TypeHⅡ-
詳細はこちら
スクラバー
フラッシング
オゾン
酸化機能水
・フラッシング機構と霧化噴霧機構そしてジェット散水機構を持つ共生エアテクノ独自のハイブリッド方式で、従来の散水式スクラバーの特徴を備えながら、より強力な脱臭性能を生み出します。
・酸化機能水の登場で脱臭性能がさらにパワーアップしました。
酸化機能水の詳細はこちら
ハイブリッドスクラバー® -TypeHⅡ-
ハイブリッドスクラバー® -デオミストTypeW-
詳細はこちら
ダクトスプレー
接触ボックス
マイクロゲル消臭剤
酸化機能水
・消臭剤噴霧ノズルをダクト内に設置し、効率的に消臭剤を臭気と接触させ、さらに、排気ダクトの途中に接触ボックスを設け脱臭効率を向上させます。
・消臭剤は、マイクロゲル消臭剤と酸化機能水があり、臭気によって使い分けます。
マイクロゲル消臭剤の詳細はこちら
酸化機能水の詳細はこちら
ハイブリッドスクラバー® -デオミストTypeW-

脱臭装置をお考えの際は、まずは臭気コンサルテーションをお勧めします。

製品名 方法 特徴 備考
臭気コンサルテーション
詳細はこちら
臭気判定士の嗅覚
3点比較式臭袋法
OER
脱臭テスト装置
・工場や施設の臭気状況を掌握して、失敗のない効率的な脱臭対策が行えます。
・排気臭はどこから、どんな臭気が、どのくらいの強さで発生し、周辺のどこまで影響があるかを確認します。
・どの臭気発生源を、どんな脱臭装置で、どこまで脱臭すれば、悪臭苦情は解決するのかを脱臭テスト装置で確かめます。
臭気コンサルテーション

ハイブリッドスクラバー®-デオミストTypeW- 納入事例

■対策内容

周辺からの香料排気臭気の対策をしました。
カレースパイス製造工程から排気される香料臭気が周辺に漂い苦情となっていました。
臭気対策コンサルテーションを実施し、消臭剤噴霧方式にて臭気低減を確認し、最適な噴霧量の設定を行いました。
ハイブリッドスクラバー®-デオミストTypeW-を3ライン新設して、臭気を低減させる対策を行いました。

対策内容

■設置方法

既設排気口にハイブリッドスクラバー®-デオミストTypeW-を新設しました。
既設排気口にハイブリッドスクラバー®-デオミストTypeW-を新設。400Ø、500Ø、900Øの3ラインです。

■脱臭検証

脱臭効率80~87%を達成し、臭気苦情はなくなりました。
脱臭検証

このページのTOPへ

お電話の前に必ずこちらをクリックして下さい
メールフォームでのお問い合わせはこちら
E-MAILでのお問い合わせはこちら

※北海道から沖縄まで全国対応いたします。
※海外でも実績がございます。お問合せください。

アルコール臭

食品製造工程にてアルコールが大量発生する排気系統があり、そのアルコール臭は近隣の苦情になりますし地域境界線の基準値をオーバーしてしまう時があります。
共生エアテクノは色々な状況を考え、下記の最新鋭脱臭装置2機種をご推奨申し上げます。

製品名 方法 特徴 備考
ハイブリッドスクラバー® -TypeH-
詳細はこちら
スクラバー
フラッシング
マイクロゲル消臭剤
・独自のハイブリッド方式を採用しています。フラッシング機構と霧化噴霧機構そしてジェット散水機構を持つハイブリッド方式で、従来の散水式スクラバーの特徴を備えながら、より強力な脱臭性能を生み出します。
・排気に粉塵が多く混入している場合のも有効です。
マイクロゲル消臭剤の詳細はこちら
ハイブリッドスクラバー® -TypeH-
ハイブリッドスクラバー® -デオミストTypeW-
詳細はこちら
ダクトスプレー
接触ボックス
マイクロゲル消臭剤
酸化機能水
・消臭剤噴霧ノズルをダクト内に設置し、効率的に消臭剤を臭気と接触させ、さらに、排気ダクトの途中に接触ボックスを設け脱臭効率を向上させます。
・消臭剤は、マイクロゲル消臭剤と酸化機能水があり、臭気によって使い分けます。
マイクロゲル消臭剤の詳細はこちら
酸化機能水の詳細はこちら
ハイブリッドスクラバー® -デオミストTypeW-

脱臭装置をお考えの際は、まずは臭気コンサルテーションをお勧めします。

製品名 方法 特徴 備考
臭気コンサルテーション
詳細はこちら
臭気判定士の嗅覚
3点比較式臭袋法
OER
脱臭テスト装置
・工場や施設の臭気状況を掌握して、失敗のない効率的な脱臭対策が行えます。
・排気臭はどこから、どんな臭気が、どのくらいの強さで発生し、周辺のどこまで影響があるかを確認します。
・どの臭気発生源を、どんな脱臭装置で、どこまで脱臭すれば、悪臭苦情は解決するのかを脱臭テスト装置で確かめます。
臭気コンサルテーション

ハイブリッドスクラバー®-TypeW- 納入事例 アルコール臭対策

■対策内容

食品製造工程にてアルコールが大量発生する排気の消臭対策
食品製造工程にてアルコールが大量発生する排気系統があり、アルコールの除去を目的としてハイブリッドスクラバー®-TypeW-を導入しました。
事前デモテストを実施し、最適な給水量の設計を行いました。また、排気ラインが2系統あり、同時に対策出来る様システム制御を行いました。

臭気採取風景 臭気採取風景
整流用ボックス内フィルター 整流用ボックス内フィルター
全体図 全体図

■設置方法

ハイブリッドスクラバー®-TypeW-を設置しました。
2系統の排気をチャンバーボックスに投入し、整流させてスクラバー本体に流れるように設計。排気口が1系統のみ稼働の場合は、希釈投入口から外気を吸込み、風量を調整出来る様に設計。外気接触による結露と、スクラバーによる除去効果によって、90%以上の除去効率を算出しました。
将来的に臭気で問題となった場合、チャンバーボックスに消臭剤噴霧装置を組み込み、臭気対策も同時に対策出来る様措置を取っております。

■脱臭検証

アルコール濃度を95%除去しました。
今回は臭気対策ではなくアルコール濃度低減対策の為、臭気濃度は測定しておりませんが、アルコール濃度を測定した結果、92.5%の除去効率を算出致しました。 臭気濃度は、事前にデモテストにより、90%以上脱臭効率を算出しております。

対象サンプル名
アルコール濃度 脱臭効率 噴霧条件
10:40 原臭1 40,000ppm
10:40 排出口 1,500ppm 92.5% 希釈倍率:200倍

■機器詳細

処理風量:60㎥/min
ハイブリッドスクラバー®-TypeW-:・1950W×2500H×1000L、・給水量 9L/min (井水)
排気口2系統同時制御システム、メイン制御盤+遠方操作盤

このページのTOPへ

お電話の前に必ずこちらをクリックして下さい
メールフォームでのお問い合わせはこちら
E-MAILでのお問い合わせはこちら

※北海道から沖縄まで全国対応いたします。
※海外でも実績がございます。お問合せください。

焙煎臭

食品加工工場で胡麻やコーヒーなどの焙煎工程の排気臭が近隣の苦情になりますし、地域境界線の基準値をオーバーしてしまう時があります。
共生エアテクノは色々な状況を考え、下記の最新鋭脱臭装置3機種をご推奨申し上げます。

製品名 方法 特徴 備考
ハイブリッドスクラバー® -TypeHⅡ-
詳細はこちら
スクラバー
フラッシング
オゾン
酸化機能水
・フラッシング機構と霧化噴霧機構そしてジェット散水機構を持つ共生エアテクノ独自のハイブリッド方式で、従来の散水式スクラバーの特徴を備えながら、より強力な脱臭性能を生み出します。
・酸化機能水の登場で脱臭性能がさらにパワーアップしました。
酸化機能水の詳細はこちら
ハイブリッドスクラバー® -TypeHⅡ-
ハイブリッドスクラバー® -デオミストTypeW-
詳細はこちら
ダクトスプレー
接触ボックス
マイクロゲル消臭剤
酸化機能水
・消臭剤噴霧ノズルをダクト内に設置し、効率的に消臭剤を臭気と接触させ、さらに、排気ダクトの途中に接触ボックスを設け脱臭効率を向上させます。
・消臭剤は、マイクロゲル消臭剤と酸化機能水があり、臭気によって使い分けます。
マイクロゲル消臭剤の詳細はこちら
酸化機能水の詳細はこちら
ハイブリッドスクラバー® -デオミストTypeW-
ハイブリッドスクラバー® -TypeF-
詳細はこちら
スクラバー
フラッシング
・高温・高湿・粉塵含有ガス向けのフラッシング構造を持ったスクラバーで合理的かつ理想的な気液混合を行うため、高い除塵効果を発揮します。
・通過ガスの力を利用して水を分散・微粒化させるため、 ポンプ等の動力は不要です。
ハイブリッドスクラバー® -TypeF-

脱臭装置をお考えの際は、まずは臭気コンサルテーションをお勧めします。

製品名 方法 特徴 備考
臭気コンサルテーション
詳細はこちら
臭気判定士の嗅覚
3点比較式臭袋法
OER
脱臭テスト装置
・工場や施設の臭気状況を掌握して、失敗のない効率的な脱臭対策が行えます。
・排気臭はどこから、どんな臭気が、どのくらいの強さで発生し、周辺のどこまで影響があるかを確認します。
・どの臭気発生源を、どんな脱臭装置で、どこまで脱臭すれば、悪臭苦情は解決するのかを脱臭テスト装置で確かめます。
臭気コンサルテーション

ハイブリッドスクラバー®-TypeW-&-TypeF- 納入事例

■対策内容

ゴマ焙煎を排気するニオイが近隣住民から苦情となり対策しました。
事前の脱臭テストの測定結果より、排気口における臭気指数は41~36(臭気濃度13,000~4,000)でしたので、当該地域の規制値以内にするため、臭気指数30以下に低減すべく、ハイブリッドスクラバー®-TypeW-&-TypeF-を設置しました。

ノズルレス+横型消臭スクラバー ノズルレス+横型消臭スクラバー
ファン設備 ファン設備
消臭剤噴霧ユニット 消臭剤噴霧ユニット

■設置方法

ハイブリッドスクラバー®-TypeW-と-TypeF-を設置しました。
工場屋上部に各系統の排気ラインに、まず、ハイブリッドスクラバー®-TypeF-を設置し除塵を行い、次工程にハイブリッドスクラバー®-TypeW-を設置して脱臭をします。2ライン並列で設置しました。

■脱臭検証

排気基準の規制値を楽々クリアーしました。
本工場胡麻焙煎排気臭気はマイクロゲル消臭剤で脱臭出来る事が確認出来ました。 ノズルレススクラバーのみ稼働している状態でも、当該地区の規制値の臭気指数30未満で排気しております。

測定場所及び測定条件 原臭 脱臭装置通過後
臭気指数 臭気濃度 臭気指数 臭気濃度
スクラバーのみ稼働 41 13000 26 400
スクラバーのみ稼働 41 13000 24 250
※消臭剤噴霧条件:希釈倍率300倍、噴霧量120ℓ/h 

■機器詳細

排気風量:50㎥/分(3,000㎥/hr) 2系統
消臭剤噴霧ユニット:スプレーノズル20式、風向風速制御
スクラバーシステム(温度削減、除塵対策):本体サイズ:W1,150×L1,050×H1,970 2機
本体乾燥重量:約600kg(溜水量:500L)/機
接触BOX:本体サイズ:W1020×H2,100×L3,000(前後ホッパー含む) 2機
本体重量:約500kg(フィルター含む)/機

このページのTOPへ

お電話の前に必ずこちらをクリックして下さい
メールフォームでのお問い合わせはこちら
E-MAILでのお問い合わせはこちら

※北海道から沖縄まで全国対応いたします。
※海外でも実績がございます。お問合せください。

硫黄系臭、焼き焦げ臭

食品製造工程で食品煮込み時に硫黄系、焼き焦げ臭気が発生し、その排気臭は近隣の苦情になりますし地域境界線の基準値をオーバーしてしまう時があります。
共生エアテクノは色々な状況を考え、下記の最新鋭脱臭装置2機種をご推奨申し上げます。

製品名 方法 特徴 備考
ハイブリッドスクラバー® -TypeHⅡ-
詳細はこちら
スクラバー
フラッシング
オゾン
酸化機能水
・フラッシング機構と霧化噴霧機構そしてジェット散水機構を持つ共生エアテクノ独自のハイブリッド方式で、従来の散水式スクラバーの特徴を備えながら、より強力な脱臭性能を生み出します。
・酸化機能水の登場で脱臭性能がさらにパワーアップしました。
酸化機能水の詳細はこちら
ハイブリッドスクラバー® -TypeHⅡ-
ハイブリッドスクラバー® -デオミストTypeW-
詳細はこちら
ダクトスプレー
接触ボックス
マイクロゲル消臭剤
酸化機能水
・消臭剤噴霧ノズルをダクト内に設置し、効率的に消臭剤を臭気と接触させ、さらに、排気ダクトの途中に接触ボックスを設け脱臭効率を向上させます。
・消臭剤は、マイクロゲル消臭剤と酸化機能水があり、臭気によって使い分けます。
マイクロゲル消臭剤の詳細はこちら
酸化機能水の詳細はこちら
ハイブリッドスクラバー® -デオミストTypeW-

脱臭装置をお考えの際は、まずは臭気コンサルテーションをお勧めします。

製品名 方法 特徴 備考
臭気コンサルテーション
詳細はこちら
臭気判定士の嗅覚
3点比較式臭袋法
OER
脱臭テスト装置
・工場や施設の臭気状況を掌握して、失敗のない効率的な脱臭対策が行えます。
・排気臭はどこから、どんな臭気が、どのくらいの強さで発生し、周辺のどこまで影響があるかを確認します。
・どの臭気発生源を、どんな脱臭装置で、どこまで脱臭すれば、悪臭苦情は解決するのかを脱臭テスト装置で確かめます。
臭気コンサルテーション

ハイブリッドスクラバー® -TypeHⅡ- 納入事例

■対策内容

サプリメント製造時の排気臭気の無臭化
サプリメント製造工場様より排気臭気を周辺で臭わなくなるよう対策相談がありました。製造工程で食品煮込み時に硫黄系、焼き焦げ臭気が発生し、既存の生物脱臭装置だけでは対策できなくなり、追加で新規脱臭装置の設置を計画しました。ランニングコストを極力かけたくないとのご相談から、酸化機能水でのデモテストを行った結果、99.5%の脱臭効率を算出しました。シミュレーション結果からも99.5%脱臭できれば、敷地境界線で無臭レベルになることが分かり、排気口全6系統に実機を導入頂きました。設置工事、ダクト工事、配管工事など、全体の工事も含めて脱臭装置設備一式を導入させて頂きました。

ハイブリッドスクラバー®-TypeⅡ-設置 ハイブリッドスクラバー®-TypeⅡ-設置
物置小屋設置 物置小屋設置
機器設置風景 機器設置風景

■設置方法

ハイブリッドスクラバー® -TypeHⅡ-(酸化機能水)を設置しました。
屋外既存排気口からダクトでスクラバーに接続し、各系統毎にスクラバーを新設致しました。酸化機能水ユニットは屋内仕様の為、物置小屋を屋外に設置し、小屋内に設置いたしました。

ハイブリッドスクラバー® -TypeHⅡ- 40㎥/min×6系統
酸化機能水生成ユニット×6系統
新規排気ファン 40㎥/min×6系統

■脱臭検証

実機導入後の臭気測定結果により、原臭臭気濃度50000→スクラバー通過後臭気濃度400となり、脱臭効率99.2%を算出しました。事前に検証したデモテスト結果同様に高い脱臭効率を算出することが出来ました。

臭気濃度測定
対象サンプル名 臭気濃度(臭気指数) 脱臭効率
10:40 原臭 50,000(47) 99.20%
10:40 排出口 400(26)

このページのTOPへ

お電話の前に必ずこちらをクリックして下さい
メールフォームでのお問い合わせはこちら
E-MAILでのお問い合わせはこちら

※北海道から沖縄まで全国対応いたします。
※海外でも実績がございます。お問合せください。

フライヤー臭

焼き魚や揚げ物などの調理臭の揚げる、焼く、蒸すなどのフライヤー排気臭は近隣からの苦情で多いものです。
湿式もありますが排水の処理に困りますし、設置場所も大きく必要なので、ダクト火災の心配のない不燃性セラミック無機繊維素材のゼオガイア脱臭装置をご推奨します。
ロングライフで、ランニングコストを抑え、近隣からの苦情を解決できます。

製品名 方法 特徴 備考
ゼオガイア
詳細はこちら
不燃性のセラミック
無機繊維
・多種の調理臭に対して、高い脱臭性能を発揮します。
・徐放作用(吸着した臭気を、わずかづつ放出)で、吸着効果のみの脱臭素材に比べ、耐久年数が長い。(交換目安:3年毎に1段づつ)
・電気も使わず、メンテナンスコストも軽微です。
・サイズ:300×300×厚み60mm
ハイブリッドスクラバー® -TypeH-

脱臭装置をお考えの際は、まずは臭気コンサルテーションをお勧めします。

製品名 方法 特徴 備考
臭気コンサルテーション
詳細はこちら
臭気判定士の嗅覚
3点比較式臭袋法
OER
脱臭テスト装置
・工場や施設の臭気状況を掌握して、失敗のない効率的な脱臭対策が行えます。
・排気臭はどこから、どんな臭気が、どのくらいの強さで発生し、周辺のどこまで影響があるかを確認します。
・どの臭気発生源を、どんな脱臭装置で、どこまで脱臭すれば、悪臭苦情は解決するのかを脱臭テスト装置で確かめます。
臭気コンサルテーション


ゼオガイア 納入事例

■神奈川県某保育園

排気量2,000CMH/型式:ZG-2000-3
脱臭性能:臭気濃度790→160になりました(脱臭効率:80%)

ハイブリッドスクラバー®-TypeH-

■都内某スーパーマーケット

排気量12.900CMH/型式:ZG-14000-3特
脱臭性能:臭気濃度1600→79になりました(脱臭効率:95%)

ハイブリッドスクラバー®-TypeH-

このページのTOPへ

お電話の前に必ずこちらをクリックして下さい
メールフォームでのお問い合わせはこちら
E-MAILでのお問い合わせはこちら

※北海道から沖縄まで全国対応いたします。
※海外でも実績がございます。お問合せください。

その他の臭気

食品加工工場の揚げる・焼く・蒸す・炊く・乾燥させるなどの工程で、様々な臭気が発生します。その排気臭は近隣苦情となりますし、地域境界線の基準値をオーバーしてしまう時があります。
共生エアテクノは色々な状況を考え、最新鋭脱臭装置をご推奨申し上げます。
これらの臭気の他でお困りの臭気がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

脱臭装置をお考えの際は、まずは臭気コンサルテーションをお勧めします。

製品名 方法 特徴 備考
臭気コンサルテーション
詳細はこちら
臭気判定士の嗅覚
3点比較式臭袋法
OER
脱臭テスト装置
・工場や施設の臭気状況を掌握して、失敗のない効率的な脱臭対策が行えます。
・排気臭はどこから、どんな臭気が、どのくらいの強さで発生し、周辺のどこまで影響があるかを確認します。
・どの臭気発生源を、どんな脱臭装置で、どこまで脱臭すれば、悪臭苦情は解決するのかを脱臭テスト装置で確かめます。
臭気コンサルテーション
お電話の前に必ずこちらをクリックして下さい
メールフォームでのお問い合わせはこちら
E-MAILでのお問い合わせはこちら

※北海道から沖縄まで全国対応いたします。
※海外でも実績がございます。お問合せください。

このページのTOPへ