1.  > 
  2.  > 
  3. 湿式脱臭装置|マイクロゲル消臭剤

湿式脱臭装置|マイクロゲル消臭剤

消臭剤 マイクロゲルは、
人体に無害で 無臭で 個別にカスタマイズする 超高分子化合物消臭剤です

ポイント

・超高分子化合物の無臭の消臭剤です

・貴社の臭気にカスタムメイドします

・設置後の臭気濃度保証をします

・現場で実証テストします

・現場に最適な提案をします

1.マイクロゲルとは何か

  • マイクロゲル消臭剤は超高分子化合物で、2000~3000万の分子量にもなります。分子は数ミクロンで目視できませんが、水中ではゾル状、空気中ではゲル状です。
  • マイクロゲル消臭剤は、200~300倍希釈で使用しますが、無色透明の粘性のある液体です。また、炭素原子で構成される直鎖状の構造となっており、何百と直鎖する炭素原子が糸毬状に絡みあっています。

2.脱臭の原理

  • 多くの悪臭分子はマイクロゲルとの分子間引力によって超微細孔に一瞬で絡め取られます。マイクロゲルの特徴の一つであるこの瞬間的な反応はこの包接作用によるものです。
  • 炭素原子の配列にランダムで作り出された、酸性基と中性基と塩基性基は、ひとつのマイクロゲルに同時に多数配列されます。まさに従来の消臭剤では成しえなかった酸性、アルカリ性、中性を選ばずに化学結合するトリプルシナジーデオドライジングを可能にしております。
  • まずは絡めとり、その後に相性のいい反応基と化学結合するという過去にない空気清浄技術が臭気の質を選ばずに、複合臭気からなる排気臭対策に最適な脱臭システムとなって登場致しました。しかも、容易な生分解性により反応後のやっかいな排水処理や二次公害もほとんど必要ありません。

3.マイクロゲルの安全性

  • 急性経口毒性試験(ラット)、急性経皮毒性試験(ラット)、眼球接触試験(ウサギ)、皮膚刺激試験、変異原性試験において、一切の毒性を示さないことを確認しました。
  • 財団法人日本食品分析センター
    魚に対する毒性試験において生物に対し毒性はきわめて低いと判定
  • 財団法人日本肥糧検定協会
    植物の発芽と生育に対する影響試験・土壌への環境蓄積性試験において植物に対する障害や環境への蓄積性も無しと判定

4.マイクロゲル ラインナップと、臭気別カスタマイズ

※こちらの表は大きいため横にスクロールしてご覧ください。

商品名 推奨臭気 推奨施設 希釈率 商品形体 国連番号 定価(税別)/1kg





マイクロゲル
S-B1
硫黄化合物
低級脂肪酸主体の腐敗発酵臭
堆肥化工場、産廃処理場
汚泥・汚水処理場、生ゴミ処理場、食品工場
200

300
液体 非該当 ¥3,000
マイクロゲル
S-B1+N
液体+粉末 +N:2465 ¥3,150
マイクロゲル
S-NE
窒素化合物主体の腐敗発酵臭 水産物加工工場・養豚養鶏場・堆肥化施設、鋳造工場 液体 非該当 ¥3,750
マイクロゲル
S-VE
有機溶剤臭(VOC)、疎水系臭気 塗装工場 液体 非該当 ¥3,750
マイクロゲル
S-TF
アルデヒド主体の複合臭・焼き焦げ臭 印刷工場・加熱工程・乾燥炉排気 液体 1760 ¥3,750
マイクロゲル
S-R2
ゴム系臭気等の多成分複合臭 ゴム製造工場・食品工場・香料工場 液体 非該当 ¥3,750





マイクロゲル
C-TK
硫黄化合物、低級脂肪酸などの高濃度酸性系腐敗発酵臭、フェノール臭 堆肥化工場、汚泥・汚水工場
食品工場、鋳造工場、アルファルト合材工場
液体 1760 ¥3,750
マイクロゲル
C-TK+N
液体+粉末 C-TK:1760
'+N:2465
¥3,900
マイクロゲル
C-NT
疎水系臭気、腐敗発酵を伴う溶剤臭 塗装工場、ゴム製造工場、香料工場 液体 非該当 ¥3,750
マイクロゲル
C-NT3
液体 非該当 ¥3,750
  • 送料はお問い合わせ下さい。
  • 上記「定価」は税別価格です。
  • 梱包形態:1kg商品はポリ容器、20kg商品はキュービテナー段ボール詰め。(別料金にてUN容器への変更可能)、200kg(ドラム缶)の3種類です。
  • 上記奨励臭気・施設に該当しない場合も、対象臭気専用に特注品を製造しております。お気軽にお問い合わせ下さい。
  • Cシリーズのマイクロゲルについては取扱に注意が必要ですので、使用方法につきましてお問い合わせ下さい。
  • 海外出荷承ります。型番や数量により対応が異りますので詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。
    ※本資料に掲載されております各製品の仕様、価格については、改良のため、予告無く変更させていただく場合がありますのでご了承ください。
    ※本資料に掲載されております弊社商品は、工業所有権取得済み、または出願済み、先行販売中商品が含まれます。
    ※類似品には、工業所有権の侵害による不正競争防止法等の法的措置が厳しく適用される場合があります。類似品、コンセプトコピー、 類似広告、類似表記による誤認、意味なき関連性を目的とした類似品には、十分ご注意ください。
    ※国連番号は法改正・国連文書改訂等に伴い都度更新されます。最新の状況については最新のSDSをご確認いただくか、弊社までお問い合わせください。

■基本的にはあらゆる臭気に対応可能です。

  • 堆肥化工場
    食品残渣・活性汚泥・鶏糞を問わず、堆肥化工程で発生する腐敗臭・発酵臭
  • 生ごみ破砕・リサイクル・RPF・RDF工場
    ゴミの腐敗が原因で発生する腐敗臭
  • ゴム・タイヤ製品
    混練り工程・加硫工程のどちらでも対応可能
  • 塗装工場
    塗装ブース排気・乾燥炉排気にも有効。VOC削減も
  • 食品工場
    ニンニク加工臭・原料製造工程・スープ製造工程

1kg入ボトルと
20kg入キュービテナー

200kg入ポリドラム缶
(消臭剤はポリエステルパック詰め)

5.脱臭装置のコンサルテーション

  • 脱臭装置は様々なものがありますが、貴社の諸条件に適合した、高効率で安価な脱臭装置のコンサルテーションをしています。まずは、臭気調査から始まり、装置選定、マイクロゲルのカスタマイズ、テスト実施、装置導入といった経過を経ながらコンサルテーションいたします。
  • 既設のスクラバー脱臭装置の気液接触効率が悪くて効果が出ていない場合は、充填剤を改良することで飛躍的にその状況を改善し、脱臭装置の性能を変えることが可能です。
  • スプレー装置の効果が思わしくない場合にも、弊社で選定するノズルとマイクロゲル消臭剤を使う事で、優れた脱臭効率を得られるようになります。

6.4種類の脱臭装置

1.スクラバー投入方式

臭気対策で水スクラバーは広く利用されています。しかし、水だけのスクラバーでは高濃度の臭気は脱臭効率が悪いため臭気除去がうまくいきませんでした。共生エアテクノではマイクロゲル消臭剤をお客様の臭気に合わせカスタマイズしてお届けしますので既設のスクラバーが息を吹き返します。

  • スクラバー方式は、イニシャルコストはかかりますが、マイクロゲルとの接触効率が良いため確実に脱臭できます。
  • 臭気濃度、臭気質、風量、オーバーフロー量などを事前に調査してマイクロゲルの合致テストを行い、マイクロゲルのカスタマイズと、ランニングコストをご提案できます。

2.ダクト内スプレー方式

大風量の中濃度排気臭気の脱臭は、活性炭吸着や燃焼脱臭装置により対応してきましたが、大型設備になるためイニシャルコストやランニングコストが高額になり、企業様になかなか導入に踏み切って頂けない状況にありました。

そこで登場しましたのが【ダクトスプレーシステム】です。既設の排気ダクト内にスプレーノズルを設置し、無臭で安全な超高分子マイクロゲル消臭剤を噴霧することにより、安価な導入コストと割安なランニングコストで、臭気を大幅に低減することが可能になりました。

 

 

消臭剤スプレー脱臭装置の特長
1.ダントツの低イニシャルコスト
この脱臭装置の最も大きなメリットは安価な設備費用です。各燃焼方式や活性炭吸着方式に比べおよそ1/3~1/10のコストで導入が可能です。大風量になるほどその差は出やすいため、局所排気が難しい製造工場関係で多く導入されています。
2.省スペースかつ軽量
排気ダクト内を反応チャンバーとしますので、大型の構造物が無く、設置スペースをほとんど使用しません。
また、重い重量物もほとんどありませんので工場屋上の耐荷重が増やせない場合でも設置可能です。
3.自在に調整できるランニングコスト
化学反応型の消臭剤を使用する場合、お客様の目的を達成する最小限の能力に調整することが可能です。また、電磁弁の操作でスプレーのON-OFFを切り替えることが可能なため、他の脱臭方式に比べて、非常に早い立ち上がり性能を持っております。そこで、風向風速計・時間・ニオイ監視システムを用いた多重制御を行うことで悪臭苦情が出やすい日のみ運転を行ったり、苦情が出にくい夜間はスプレーを停止したり、工程に合わせてスプレー量を制御するなど、お客様の都合に合わせて、ランニングコストを必要最低限に抑えることが可能です。
4.お客様の臭気に合わせた消臭剤を調合
お客様の悪臭成分の性質に応じて使用するマイクロゲルをカスタマイズいたします。これにより最小限の使用量で最大限の脱臭効果を発揮する事が可能になりました。
5.PRTR法に対応した技術
PRTR法により規制されているVOCの排出抑制にも使用できます。それに伴ってVOC除去効果も得られます。
6.排水処理にも負担をかけない安全性
マイクロゲルは生分解性が高く、環境中に放出された場合は速やかに微生物によって分解されます。そのためそのまま大気中に放出が可能です。また、排水処理にかかる余分な費用がかかりません。

3.室内空間スプレー方式

マイクロゲル消臭剤を非常に細かいミストで、堆肥化施設やリサイクルセンターなどの施設内に配管して上部からスプレーすることにより、臭気対策できます。最近は噴霧ノズルが進化し、ミストが感じられないほど微細になってきていますし、間欠運転装置もありますので、有人空間でも対応可能となっています。
また、室内空間を消臭することにより、排気臭気の低減もできます。

室内全体の対策が可能です。

堆肥化工場などの
臭気抑制に

苦情を起こす
腐敗臭のみを脱臭

移動式の噴霧器なら
お手軽です

配管を組んでの噴霧ノズル取り付け

携帯式噴霧器で小スペースの対策

4.発生源に散布方式

悪臭を発するものに直接スプレー出来ることができる場合、ローコストで消臭することが可能な方法です。

リサイクル施設では、この散布方式が数多く採用されており、無臭で、安全な、化学反応型のマイクロゲル消臭剤が即効性と消臭効果と持続性能で高い評価を頂いています。

方法は、マイクロゲル消臭剤を200~300倍に希釈し、施設容積100m3の場合10L程度を目安に、悪臭の程度やゴミの量に合わせてスプレーしてください。

高圧洗浄機で散布可能

パッカー車の消臭にも

堆肥化工場の清掃後にも

湿式脱臭装置|マイクロゲル消臭剤の資料はこちら

7.設置事例

某大手インキ製造工場様

※こちらの表は大きいため横にスクロールしてご覧ください。

1.目 的 蓄熱式脱臭装置の排気ライン出口から放出される酸っぱい臭気の大幅な削減
2.方 法 スプレーシステムを設置し「マイクロゲル カスタマイズ薬剤」の50倍希釈液をダクト内で噴霧する。
3.脱臭目標 酢酸臭の脱臭目標値:98%
4.排ガス量 500m3/min
5.排ガス温度 155℃
6.スプレー段数 冷却用:1000リットル/hr×1段、脱臭用:450リットル/hr×2段
7.その設備 圧縮機、スプレーポンプ、原液槽、薬液槽、薬液混合機、操作ユニット、
電気制御盤、電磁弁、流量計、液用圧力計、レギュレータ、液体ストレーナー

(1)臭気成分濃度

  入口=原臭 出口=脱臭後 除去率(%)
 酢 酸 15.0 0.3 98.0
 トルエン 20.0 20.0 0
 キシレン  7.0 4.0 43.0
 酢酸エチル 60.0 N.D. 99.9

・苦情の原因である酢酸臭は除去率98%と目標を達成

(2)臭気濃度

    臭気濃度   脱臭効率(%)
入口=原臭 2500 -
出口=脱臭後 400 84.0

三点比較式臭袋法による測定結果は、当県の公害防止条例が定める第3種地区(工業地区・工業専用地区)における気体排出口の臭気濃度許容限界である1000を充分満足しています。

RPF臭対策事例:京都府(有)プラテック様

(有)プラテック様では、RPF製造装置排気ラインにMGスクラバー脱臭装置を設置し、近隣住民からの悪臭苦情が 解決されました。

1.RPF臭向けのオリジナル薬剤を使用
カルモア社製マイクロゲル消臭剤は、対称臭気に合わせてオリジナル調合が可能な消臭剤です。RPF向けに調合された消臭剤を使用することで、今までにない高い脱臭効果の実現が可能となりました。
2.専用薬剤と脱臭装置のトータルエンジニアリング
脱臭効果は、消臭薬剤の効果と脱臭装置の能力の掛け算で決定します。そのどちらが不十分でも、高い脱臭効果は得られません。カルモア社では、RPF向け消臭剤の消臭効果が最大限に発揮される様、装置の設計・製造も一貫して行っております。薬剤と装置の効率よいバランス設計を行うことで、高い脱臭効率のみならず、ランニングコストの低減も可能となります。
3.臭気判定士による効果の測定
国家資格である臭気判定士が、公定法により臭気濃度測定を実施することで、脱臭効果を信頼性ある客観的データとして評価することが可能です。測定データは近隣住民の方々への報告資料としても役立ちます。

■装置価格750万円
※風量:60m3/min
※設置工事・試運転調整含む
※臭気判定士の効果測定含む
※ファン・ダクト工事除く
※全工事費1,000万円
※消費税は別途です

■薬剤コスト:20万円/月
※24時間稼動の場合
※水・電気代除く
※消費税は別途です

兵庫県:某堆肥化工場様

某堆肥化工場様では、マイクロゲルを使用して脱臭設備のコストを最小限に抑えつつ、年間1,000件以上発生していた悪臭苦情を解決いたしました。

1.悪臭苦情の原因物質のみを除去する
発酵工程ごとに異なる両極性(塩基性、酸性)の臭気を全て除去するためには、設備費・ランニングコスト共に数千万円の費用が必要となります。そこで、苦情原因の臭気を集中的に除去するマイクロゲル消臭剤を使用しました。
 アンモニアの削減に躍起になっていませんか?成分濃度が濃いからと言って、アンモニアが苦 情の原因ではないのです。自然拡散がされにくく、極低濃度で人間の嗅覚に過敏に反応してしまう(閾値の低い)低級脂肪酸類、アルデヒド類、メチルメルカプ タンと言った強烈な悪臭物質が、遠方までに渡る臭気苦情を発生させる原因物質です。
 使用したマイクロゲルS-BF8Nはこうした苦情原因物質を効果的に除去するために開発された専用消臭剤です。
2.住宅エリアへの漏洩臭気のみ除去する
工場内の臭気を強制排気し脱臭設備を導入する方法は、最も効果の高い脱臭方法ではあるものの、数千万円の設備費が必要とな ると同時に、大量の廃水を排出します。臭気苦情対策の場合、必ずしも発生する臭気全てを無臭にする必要はありません。住居エリアに流れる臭気をストップさ せることが重要です。
 マイクロゲル消臭剤スプレーシステムを工場の開放部に設置し、発酵熱で自然に追い出される漏洩ガスにフォグ状の消臭剤を乗せることにより、住居エリアに 移動する過程で効率よく臭気成分と反応して消臭します。このスプレー方式は、ミストが自然気化するため排水処理が一切必要ないのが特長です。また発酵熱を 利用するため、排気動力もいりません。マイクロゲルは臭気物質と反応した後、環境中で速やかに分解される安全性の高い成分です。

開放シャッター部 
スプレーシステム

専用消臭剤 マイクロゲル
ドラム缶

神奈川県 某大手食品メーカー様

某大手食品メーカー様の神奈川工場では、お持ちのスクラバー装置を使用したまま発生していた近隣苦情を解決し、さらに年間維持費が10分の1に削減されました。

お客様が抱えていた問題 ⇒ 所有するスクラバー脱臭装置が効かない。
原因1.薬剤:悪臭苦情原因となる臭気成分が把握されておらず、薬剤選定が間違っている。
原因2.設備:対称成分の除去に必要な接触時間が確保されていない。
悪臭原因に最適な脱臭方法へ変更
対策1.薬剤の変更:悪臭の主原因は硫化メチルとメチルメルカプタンであり、悪臭量全体の90%以上占めている。
主原因成分の除去に最も効果的な「強酸化水」へと薬剤変更することで、悪臭総量が大幅に減る
対策2.運用方法の変更:主原因の除去には接触時間が2秒以上必要である。設備改造には費用がかかるため、 全洗浄工程に1液のみ投入し、ターゲット成分との接触時間を増やす。
新規設備を導入することなく改善
臭気除去率が51%→94%と、1.8倍も向上し、周辺から発生していた臭気苦情が解消されました。
ターゲットに的を絞った薬剤への変更で、年間薬剤コストが3,000万円→300万円と、1/10に削減されました。

8.納入実績一覧表

納入実績一覧表 (PDF)

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerがインストールされていない場合は、上のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。 Adobe ReaderをインストールするとPDFファイルがご覧に頂けます。詳しくは、アドビシステムズ株式会社のサイトをご覧ください。

お電話の前に必ずこちらをクリックして下さい
メールフォームでのお問い合わせはこちら
E-MAILでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちらワンクリックでお電話できます!平日9:00~18:00受付

  • 東京 03-6661-1330
  • 名古屋 052-419-2822
  • 大阪 06-7220-3525
  • 福岡 092-284-0724
  • メールフォームでのお問い合わせはこちら

※北海道から沖縄まで全国対応いたします。
※海外でも実績がございます。お問合せください。

このページのTOPへ